海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
二瓶窯は本当に楽しいですよ♪
週末、キタガワノホトリの石窯が大活躍でした。

あの二瓶さんがこしらえたので、二瓶窯と呼ぶことにしました。
c0010936_254387.jpg
薪づくり


まずは、石窯と、薪ストーブ用の薪づくりからやりました。
海岸から流木を回収し、キタガワノホトリで薪割りもしました。
柳さんが道具も持参してくれたので、大人から子どもまで挑戦しました。
けっこう難しいので、危険は危険ですが、真剣にやる遊びです。
c0010936_2102378.jpg


肝心の写真は、主催の海月が遊びに徹したので忘れました。
あとで後悔しましたが、ほとんど写真がありません。
やはり、ちゃんと写るデジカメが必要です。でないと撮りませんね。

というわけで、土曜日の石窯ピザづくりやパーティーは、写真がありません。11人が参加して、それはそれは大賑わいでした。でもええ大人なんで、しっとりと賑わった感じでした。吉野や四日市からも駆けつけてくれて、尾鷲を堪能するイベントになりました。晴れていれば、望遠鏡持参の松下さんによる夜の星空観察会も予定していましたが、あいにくの雨でした。しかし、キタガワノホトリは全天候型なので、薪ストーブと石窯の輻射熱もあいまって、ほっこりと夜の時間を過ごしました。

石窯ピザの生地とトマトソースは、海月が用意しました。何度かやっているので、生地はお手のもです。というか、誰にでもできるので、今度は参加者にやってもらえそうです。あとは、参加者で捏ねて形にし、好きなトッピングをして焼くだけです。安井さんの姉妹が大活躍で、海月は食べるだけでした。海鮮中心のピザになったので、けっこうこれもイケました。また、安井さんと木下さんの手際のよさで、食材が次々に料理されていきました。デッキ・チェアに座りながら、さながらキャンプのようでもありました。

盛り上がるも22時頃までには片付けて、仮眠場所のCReAM Lab.に移動したあとに、そのまま夜の尾鷲に繰り出しました。25時頃には撤収しましたが、朝から遊び倒しでさすがに疲れました。なによりも、松本での流木運びが、夜になって響きました。欲張ってたくさん運んだので、あと2回ほど石窯パーティーできる薪が備蓄されています。

それぞれ寝た日曜日の朝は、純喫茶磯でモーニングしました。他愛のない会話は気軽だし、海月の頭は開放しっぱなしでした。こういった”遊び”が尾鷲でできることは、実はとても大きな要素を含んでいると感じています。なんでもない尾鷲での日常を体験できるのは、もしかすると他にも共感があるかも知れません。少なくとも、海月に電話でも、メールでも1本入れていただければ、海月的尾鷲を楽しんでいただけるようにします。
c0010936_2315020.jpg
パンづくり


日曜日のお昼は、海月の娘も参加して、石窯パンを捏ねました。1次発酵だけでしたが、けっこうそれらしいパンができました。でも、これはまだ改良の余地がありそうで、火加減と焼き加減が未知の世界です。また、炭火焼の海鮮バーベキューもやったので、メインの渡利牡蠣を食べまくりでした。トマトソースとチーズのトッピングも、また違った食感で好評でした。小さいですが、アカザエビ(尾鷲で言うテナガ)も入ったので、けっこう豪華なバーベキューになりました。
c0010936_2371927.jpg


c0010936_14474187.jpg
津市のKさん提供


意外にも、娘の食いつきがよくて、気長にパンを捏ねていました。安井家の姉妹にも遊んでもらい、ボルダリングは過去最高の到達点を叩き出しました。もうオトンが支えきれない限界まで昇ります。そのバランスのよさは、オトンがみていて悔しいくらいです。手前味噌ですが、石窯しながらボルダリングもできるキタガワノホトリは、ちょっと贅沢な遊び場です。この週末の参加費は、一人3千円で済んだので(夜の尾鷲やモーニングは別)、これも大きな魅力だと思います。まあ、労働力もあったので、プライスレスな部分も多いですけどね。
c0010936_2421123.jpg
撃沈…


16時頃までダラダラと食べて、そのあとの撤収は手際よかったです。お土産に、牡蠣ご飯ももって帰ってもらいました。もとのように綺麗にしていただき、それぞれが帰ったのは17時過ぎでした。本当に、楽しい週末を、皆さんに演出していただきました。なによりも、娘が一番楽しかったと思います。お風呂をためる準備中に、こうして寝てしまったくらいです。お風呂はそのあとになり、この日の夕食は遅れてしまいましたが、「遊んだ」と実感できる週末を過ごしました。

また企画しますので、ぜひご参加してください。また、企画してよの声もお待ちしております。ちなみに、石窯のレンタルは1回3千円になります。オプションでいろいろ付けられますが、参加者で頭割りするとお得だと思います。5名から10名くらいがちょいど良いかもしれません。過去には、20名近くでやったこともありますが、ピザやパンだけでは、食べる早さにおっつかない気がします。
c0010936_14484948.jpg
津市のKさん提供


また、皆さんからの写真もはっつけるようにしますね。

by kurage874 | 2012-03-20 02:50 |  キタガワノホトリ
<< 志摩スペイン村パルケエスパーニャ キタガワノホトリの石窯をメンテ... >>