海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
志摩スペイン村パルケエスパーニャ
流浪の父娘です。

月曜日、オトンはアスト津で打ち合わせでした。
その間、娘は置かれているおもちゃで遊んでくれてました。
月に1-2度はこうして同伴出席してるので、娘も慣れたものです。
終わったあとは、津市のMさんと食事に行って、早々にホテルへ。
久居インター近くのルートインは、大浴場もあり、朝食も無料です。
今年に入って、すでに2回目の利用です。
c0010936_2238482.jpg


翌朝、駐車場でツシクンボウを見つけ、大喜びで取りました。
保育園でツクシ取りをしたらしく、「つくし しっとる」とのこと。
こうして言葉を覚え、確実に成長している姿を、オカンにも見せたい。
でも、隔離された世界で、オカンは見ることもままならないよな…
c0010936_22394353.jpg


このあと、高速道を南下し、伊勢方面に東に進路を変え志摩へ。
何年ぶりとなる志摩スペイン村パルケエスパーニャが、今日の目的。
「ゆうえんち いきたい」TVCMのおかげで、ここに決定しました。
あと、JAFカードの優待期間で、20%も安くなりました。ヤッタ!
c0010936_2243376.jpg


c0010936_2244563.jpg


祝日でも人は少なく、閑散な感じでしたが、娘は大喜び。
「てれびで みたことある!」と興奮気味で走ります。
娘でも乗れる乗り物もあって、けっこうイケていました。
ただ、歩く距離が長く、オトンはヘトヘトでしたけどね。
c0010936_2246257.jpg
お子様メニューは必須です


c0010936_2247743.jpg


あれこれ乗って、お昼は「うどん たべる」の声で、和食へ。
ちょうど和食レストランがあって、ドンピシャのメニューが。
おおかた一人で食べて、出てくるとパレードに間に合いました。
ちゃんと知っていれば、もっと見せてやれたのになあ。
「ばいばーい」と、ずっと手を振っていました。
c0010936_22505278.jpg


c0010936_2253537.jpg


c0010936_2252156.jpg


この広場が気に入ったようで、2回も階段を登りました。
「おもしろーい とーちゃん たのしい」と大声で走ります。
「危ないよう」って言うても、「だいじょうぶ」ですって。
なんだが、実際のホンモノの場所に連れったりたなってきました。
うーん、ドイツも行きたいし、ええいってやっちゃうか。
c0010936_22555645.jpg
ここが似合わん父娘


c0010936_22572834.jpg
鳩を追いかける娘


c0010936_2258848.jpg
照れているのです


意外にも肌寒く、オトンはここで風邪引いたようです。
海風が近いので、けっこう風があるのです。これポイントです。
あと、距離を歩くので、小さい子はアイテムが入ります。
娘の場合、背負えるザックを準備して正解でした。
でも、園内は「あるける」って、すべて歩きました。
c0010936_2324219.jpg


さすがに、園から出ると、「だっこして」とザックに入りました。
駐車場まで来て、チャイルドシートに乗ると、途端に寝ていきました。
よっぽど、おもっしょかったのと、そのぶんの疲れが出たようです。
それでも、ジェットコースターにも乗るっていうてたんやけどね。
あと、ここからの帰り道は、ちょっと迷いません?
オトンは、山ん中走る羽目になって、伊勢まで出るのにかかりました。

伊勢まで来て、災害ボランティアで知り合ったYさん宅にお邪魔しました。ここが、娘にはヒットでして、自分ちのようにはしゃぎ回りました。夕食は、近くのカンパーニュに連れていっていただき、久しぶりに洒落た美味しい物をいただきました。ここのシェフは、熊野の出身で、私の在所にも近いです。

すっかり暗くなって、いよいよ帰るとき、「とまってく うちはいる!」って、大泣きのなか、無理やり車に押し込んで帰って来ました。よっぽどだったのか、高速道の入り口で、娘の心を沈めてから帰って来ました。そのあとは、今日の話をしながら、機嫌もなおりました。家に戻ると、急いで風呂をため、22時には布団に入ることができました。

こうして、今後も父娘の流浪の旅は続きますが、出来る限り、娘の記憶に残る日常を与えてやりたいです。オカンがいなくなって1年が経とうとしていますが、娘はなんとかオトンのもとで成長しています。知らない人は、娘は実家か、よそにあずけていると思っているらしく、遠慮のない言葉をもらうこともあります。そういう話も巷ではあるのでしょう。しかし、こうしてほぼ毎日を娘と暮らすのは、なんの矛盾もない、紛れも無い事実です。オトンが娘を育てるのは、ごくごくあたり前でです。食事をつくるのも当り前、洗濯や家事をするのも当たり前、保育園の送迎では、「さらさちゃんのぱぱや」って言われるようにもなりました。ほかの子どもにもそう見えているのが、ちょっと嬉しいのです。

娘が独り立ちするまで、オトンは何がなんでも生きていきます。
子どもの成長を見届けるのが、親の役目で義務だと思います。
その前に、これほど頼もしい、嬉しい、感動はありません。

by kurage874 | 2012-03-22 23:21 |  さらさに贈る言葉
<< 3月22日、晴れ 二瓶窯は本当に楽しいですよ♪ >>