海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
妻の本音
長い旅やったが、遊んでばかりでもなかった。

先週の金曜日、鳥取市内の裁判所から電話があった。
最近知った、調査官という役職の担当者からだった。

「できる限り早い時期に聞き取り調査をしたい」

妻の状態のこともあるので、すぐにその算段をした。
月曜日の午後に時間設定し、前日に市内に入った。
まあ、同じ娘をつれて行くなら、それなりに楽しませたいしね。
しかし、週末の六甲行きは、最初から決まっていたこと。
そこから、姫路セントラルパーク経由で鳥取入りした。
月曜日の午前中は、鳥取砂丘にも行って、やはり楽しんできた。
この日の帰りは、聞き取り調査の具合で決めることにした。
結局は、2時間オーバーだったので、京都市内で宿をとった。
同じように、翌日の昨日は、娘と京都水族館に行ってきた。

これまでの調停が不調に終わったことで、裁判官による審判を受けるのだが、どうしても再度の調査が必要ということで、調査官の登場となっていた。僕としては、一方的に反故にされ、理不尽に終わりそうだったので、調査官に委ねられての審判は悪くないと思っていた。しかし、これがどのように影響するとかはわからないし、弁護士をたてていない以上、自分自身で対応するしかない。

ただ、担当した調査官は、非常にクールで第三者的でした。先入観を極力排除し、「妻が何を望んでいるのか?」を引き出そうとしていた。僕は、そのための手段としての聞きとりといった具合に感じた。それでも、何もないまま決められるよりは、マシだ。

僕の願いは、娘とオカンが1秒でも長くいられること。
駆け引きなく、長く生きられない妻が、娘の母親であること。
それは、もともと妻が望んだことであるし、僕はそれに基づいてきた。

だから、千葉の重粒子医科学センター病院で治療をしたのだ。
先進医療の最先端で、妻の予後を少しでも引き伸ばしもした。
大きな駆け引きでもあったけど、結果としていまの状態はそのおかげ。

なのに、その治療すらを良としてくれなかった人たちがいる。
では、どんな治療をするのかと思えば、言語のリハビリをちょっとだけ。
あとは、薬を貰うための検診くらいか…最先端の検診も受けないまま。

しかし、もしも妻がそれを望んでいたら、それも仕方がないか…
僕といるまでは、妻は延命と治療を望んでいたけど、それは娘のため。
それが、倉吉に行って変わったなら、憤りはあるけど、そうなのか?

だけど、妻の治療を決めたのは、僕と妻との会話が発端だった。
そのときの会話は、いまでも鮮明に覚えているし、思い起こすと辛い。
しかし、一縷の望みを持てたのも確かだし、僕は全身全霊を費やした。

「なんとしてでも、娘のためにも、妻には生きて欲しい」

でも、妻は完治していないし、「治った」と言わせるのはあんまりだ。
以前の面会で、「わたし治ったよ」って言った衝撃は忘れられない。
それでもこれでも、娘には会いたいと願っていると言うのだ。

その選択肢を叶えてやれるために、娘を倉吉に預ける可能性もある。
いや、預けるのではなく、母親と一緒に生活するということだ…!!!
調査官はあたり前のように言ったけど、確かに選択肢のひとつだ。

できない…それだけはできない。誰が、娘の生活をサポートするのだ?
この調停で、なによりも苦しんできたのは、娘だったはずなのに…
それでも、金品の要求はしても、娘?孫?への心配はなかったのに…

では、ほかの選択肢なら、誰かに反故にされることなく面会できる?
第三者機関を拒んだのは、僕ではなかったので、同じことの繰り返し?
そうして、妻は娘と会えない日々を過ごすことになる。それも辛い…

調査官は、「感情的に話をしたい部分もあるけど、それは意味がない」的な話をしていた。それは、僕にとっては、同情して欲しいと願う気持ちへの裏切りにも感じることだ。しかし、調査官はカウンセラーでもなく、これから審判を決める重要な助言を必要としているので、その言葉の重さくらいはわかっている。淡々と話しは進み、僕は、妻の本音がどこにあるのかを想像していた。

娘に会えない日々を、ストレスに感じて生きているとは思う。
誰も、倉吉では、娘のことを口にしないのかも知れない。
そうして、忘れることを願っている人たちがいるのかも知れない。

それでも、妻は第三者には、「娘には会いたい」と言うのも事実。

だからこその面会交流が、これまでの調停の焦点だったはず。
僕だって、誰かのように、無理くり連れて帰るようなことはしない。
本人の意志を尊重したいし、僕も苦渋の決断をしたつもりだった。

この審判は、僕と妻が望んで、ここまでゴネているようにも感じた。

今後、調査官は、妻にも聞き取りをするそうだ。
そして、この調停の審判がくだされる。

やはり、真実はひとつしかない。

そして、時間があまりにもない。

by kurage874 | 2012-04-04 00:30 |  さらさに贈る言葉
<< 紀伊半島南部の尾鷲市で、住み込... 花咲く季節になりました >>