海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
父娘流浪の旅~早春編~
4月初旬、娘と西日本を旅してきました。

この度は、前半は決まっていた旅でしたが、後半は急用で決まった旅でした、急用の件は以前のブログに残していますが、ここでは楽しい父娘の旅をのぞかせてあげます。ちなみに、Facebookでは、65枚をアルバムにして掲載しています。携帯電話のカメラ機能で撮影した写真ですが、そこそこ見られますよ。

■行程
 3月31日(土)
  尾鷲→第2名神→六甲→友人宅→播磨町→エバーホテルはりま加古川(泊)

 4月01日(日)
  播磨町→姫路セントラルパーク→播但連絡道路→中国道→鳥取道→鳥取市→観水庭こぜにや(泊)

 4月02日(月)
  鳥取砂丘→鳥取地方裁判所→鳥取道→中国道→名神→京都市→APAホテル京都駅堀川通(泊)

 4月03日(火)
  京都水族館→名神→第2名神→伊勢道→紀勢道→尾鷲

友人宅から先は、全くのいきあたりばっ旅でした。携帯電話で状況を確認し、宿泊予約をする毎日でした。どれほど、「キャンピングカーが欲しい!」って願ったかわかりません。娘が小さいので、早い行動と早い宿入りを必要とし、飯や風呂の確保も重要です。朝飯はなんとか宿でなりますが、父娘2人の宿の夕食は難しいので、外で食べる算段も携帯電話に頼りました。オトンも娘も、ワクワクしながら旅は続きました。でも、娘も長旅はえらかったと思います。
c0010936_0355873.jpg
坂道多いのが六甲


c0010936_0371952.jpg
虹が出たよ


六甲の友人には、確か6年ぶりか7年ぶりにおうた。まさか、新築した家に住んでいるとは思わず、たどり着いたときには驚いた。ガラス張りの壁のない1階と、プライベートルームの2階は、まさに男の秘密基地みたいやった。
c0010936_0411217.jpg
秘密基地やね


c0010936_0424733.jpg
夜景は何万ドルかいね


デザイン関係の仕事をやっている友人宅には、デザイナーやアーティストが集まってきた。僕のようなデザインには疎い者にとっては、ちと場違いな感じもしたけど、居心地の良い雰囲気を過ごした。娘も遊んでもらえ、ついつい長居してしまった。その後の予定を決めかねていたので、宿に入ると22時やった。それでも娘は元気よく、食べるだけ食べて、風呂にはいるとコテンと寝た。楽しかったとはいえ、ごめんよ~
c0010936_0484964.jpg
サファリ初体験


c0010936_0542714.jpg
チャボまてまて~


姫路セントラルパークは、僕はオープン直後に行ったことがあって、なんとなく覚えていたままでした。娘は動物を怖がることもなく、「とら おおきいねえ」、「らいおん!」、「かばどこ?」、「ぞう おるやん」、「きりん おった」と、東山動植物園以来の動物にドギマギしてました。さすがに、トラが近づいてきたときには、「はよいこ」って焦り顔でした。
c0010936_0584781.jpg
まてまて♪


c0010936_111785.jpg
カピバラ


うさぎみたいな後ろ足の長い動物も、「まてまて」って触ろうとするし、チャボは抱っこもしていました。自分よりも小さな動物は、すべて大丈夫といった感じでかけていきます。さすがに犬だけは、馴染みのある動物なので、そろっと触っていました。それでも、まさかお湯に浸かっているカピバラまで触るとは思わず、見ていた小学生くらいのお姉ちゃんが、おもわず「あぶないよ」って声かけてくれました。僕もハッとはしましたが、カピバラはどこ吹く風で耳をプルプルしてました。
c0010936_165263.jpg
鳥取砂丘


c0010936_184992.jpg
巨大砂場


姫路セントラルパークから高速を乗り継ぎ、鳥取県入りしたのが夕方でした。よく寝てくれて、おかげでスムーズに移動出来ました。「さらちゃんの はぶらしいるわ」って買い出しもして、宿に入ると畳の和室だったので、テンション上がりました。北浦の家には畳が無いので、どうも畳好きだと感じます。「ひろいね きょうもとまるん?」、「泊まるよ、温泉もあるよ」、「やった やった!」ってな感じです。

その夜は、駅中の回転寿司に調べて入ったのですが、地元産が多く、娘ともどもけっこう食べました。オトンは軍艦巻き派ですが、娘はイクラやウナギなどの金や銀の皿が多く、2人で4,500円ちょいして驚きました。それにしても、美味しい回転寿司でした。その夜は、鳥取温泉に浸りながら、いつもより早い目に寝ることにしました。しかし、子ども用の布団の設定がなく、オトンは座布団で寝るハメになりました。これが原因で、オトンは風邪をひいてしまいました。

次の朝は、午後からの予定だったので、鳥取砂丘に行ってきました。市内から5kmほどだったので、トンネルを抜けると砂漠ってな感じでした。「すなば すごーい」ってお約束のように驚いてもくれました。よくTVなんかでみる光景そのままで、これまたお約束で歩きました。ザックに背負って歩いたのですが、これがないと大変です。歩くの疲れたら、とても抱っこでは往復できません。
c0010936_1185229.jpg
帰りは裸足で


c0010936_120409.jpg
ピース!


砂場遊びをひとしきりやって、帰りは裸足で駆けました。あの距離を一人で歩ききったので、さすがです。観光ラクダもいたので、それにも興味を示しましたが、昼飯の時間を考えたので、市内まで戻ることにしました。それにしても、元気な娘です。このまま、ずーっと旅をしていたいなと感じました。それと、やっぱりキャンピングカーが欲しい。トレーラーで引っぱるのがいいですね。決めた!

お昼ごはんは、こっちの期待とは違い、「ぱん たべる」の一点張り。立ち寄った先のパン屋に入ると、全品105円で驚きました。サンドも手の込んだパンも105円です。道理でお客も多いわけで、ついつい買い込んでしまいました。娘もアンパンやクリームのパンをペロッと平らげました。ほんま、アンコの好きな娘です。
c0010936_1492169.jpg


午後からは、裁判所で長い時間を過ごしました。慣れているわけではないですが、グズルこともなく、ほんま切ないくらいに待っていてくれました。調査官が気をきかせ、おもちゃを持ってきてくれてからは、それで遊んだり、歩きまわって気を引いたりもしていましたが、2歳の子どもが2時間以上も同じ空間でいてくれることに、オトンは泣きたいくらいでした。

予定よりも長くかかったので、尾鷲まで戻ることは諦めて、とりあえず近づいていくようにはしました。帰りの高速も、ほとんど寝てくれてよかったです。加西のSAで覚悟を決め、この日は京都に泊まることにしました。ちょっとまえに、ラジオで京都水族館のオープンを聞いていたので、これに照準を合わせました。しかし、京都も街中のホテルはたくさんあるので、朝食バイキング付を探してAPAホテルにしました。
c0010936_284248.jpg
あのロウソクタワーを「こわい」って言った


駅地下の蕎麦屋で夕食にしましたが、「そば たべたい」と言うたからです。「うどんにするか?」、「いや さらちゃん そばたべる」なんともガンコというか、はっきりした子なので、蕎麦屋に入ると満足そうに蕎麦をすすっていました。おかげで、オトンはコンビニで弁当を買いなおしてホテルに戻りました。ここでも、ひとしきりベッドのトランポリンで遊んでから、風呂に入ってコテンでした。昨日とは違い、オトンもラクラク寝ることができました。
c0010936_2112756.jpg
夜更かし父娘


次の朝は、バイキングに目を白黒させながら、オトンも無料の娘も楽しんで、そうそう2歳はなにかと無料なので、いまのうちに遊びほうけるつもりです。しかし、外は土砂降りの雨になっていて、京都水族館までは車で移動することにしました。それでも、駐車場からはわりと歩いたので、ここでもザックが大活躍しました。3月14日にオープンしたばかりの京都水族館は、まだ早い時間だったのに、けっこうな人だかりでした。魚よりも人が多いのではないかと感じるほどでした。
c0010936_2152983.jpg
来たよ♪


c0010936_218269.jpg
ペンギンも人ズレしていない


オープンしたばかりだけあって、ペンギンも人に興味津々でした。スタッフの手際の悪さというか、あどけなさというか、そんなんも見所でした。上手に配置がされていて、川から海までの生き物がコンパクトに見られました。ちょっと水族館って感じで、もう一度行ってみたいと思いました。娘の方は、人の多さに圧倒されたのと、海の生物に触ることができなかったので、ちょいご機嫌斜めでした。どうもヒトデに触りたかったようでした。
c0010936_2232776.jpg
巨大エビ(ニシキエビ)


c0010936_225952.jpg
巨大タコ(水タコ?)


水族館を出てくると、入ろうとする人の列が、雨のなかでも道路まで続いていました。この状況だと、僕なら諦めていたと思います。早くに来てよかった。帰りは、そそくさと帰って来ましたが、安濃のSAでちょい遅い昼飯にしました。ここは改装したばかりで綺麗ですが、フードコートは!!!でした。伊勢うどんと一風堂のラーメンを注文しましたが、コメントは控えさせて頂きます…

まあ、しかしながら、よう遊び、後半はちょっと考えさせられた父娘の流浪の旅でした。次の機会は、早夏編としてお送りいたしますね。

父娘は強く、遊び心満載で生きていきます。

by kurage874 | 2012-04-11 02:30 |  さらさに贈る言葉
<< 尾鷲イタダキ市実行委員会の本気度 月夜の熊野 >>