海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
自然の恵、恵みの伝達、旬を遊ぶ
用事で、飛鳥町に行ってきました。

この時期は、山菜では王道のワラビとゼンマイとイタドリです。
僕は、小学校のランドセルに、ゼンマイを入れたくらいに好きでした。
当時は、婆ちゃんが丁寧に処理してくれて、一斗缶にためてました。
そして、長年貯めていたのを、婆ちゃんの葬式のときに出しました。
ワラビも、婆ちゃんと試行錯誤しながら、塩漬けしたこともありました。

もっと前には、爺ちゃんがズタ袋いっぱいに山菜をとってくるのを記憶しているので、僕にとって飛鳥の山菜採りは、当たり前のような風物詩です。僕が高専時代でも、朝早起きして山に入り、「てっちゃんには負けるわ」って、当時のライバルたちに笑われたものです。そのライバルたちも、いつしか鬼籍に入り、こんな目的で山を駆けまわるのは、あまりいなくなったようです。

恵みをいただき、それをあとにも伝えていく。
そのためには、残しておかなければいけないことがあります。
それが、熊野レストレーションの原点だと感じています。
c0010936_502468.jpg
イッシッシー


わずか30分くらいで、立派なワラビをとってきました。秘密の場所へは、少々藪こぎもするので、娘を背負って這い上がりました。「おとーさん、ここでなにあるん?なんで、こんなことするん?」と、娘も疑心暗鬼でしたが、ワラビ採りを理解させると、それがどういうものなのかはわからないままでしょうが、限定的なそれを”とる”と言う動作が、娘にはヒットしたようです。すぐに覚えて、自分でもとっていました。
c0010936_544768.jpg
立派ですよ


この場所には、すでに誰かが入っていました。それも実は嬉しくて、ちゃんとおこぼれはあります。あと1週間くらいは、まだとれそうな感じでした。昔は、もう少し遅い時期でしたが、やはり温暖化は影響していると感じます。

実家に戻り、すぐに硬くなる下の茎を飛ばし、輪ゴムで揃えたのを均等に縛って茹でます。煮物で2-3人前くらいが6束できたので、まずまずの収穫です。僕は、このワラビのご飯が大好きで、あとは実家の母の腕自慢に期待して待つばかりです。あと、アク抜きですが、うちでは水に晒すだけです。昔は、山水を貯めた婆ちゃん家で晒していました。そういえば、タケノコを湯がくのも、薪と釜でした。これで学校をサボったことも懐かしい。

ボチボチと、娘にも伝えていこうと思います。

と言うか、すでに娘にはspiritありますね。

by kurage874 | 2013-04-15 05:16 |  飛鳥町漫遊記
<< 日替わりコックさんのランチで幸せ 日替わりコックさんのランチでヘ... >>