海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
【飛鳥熊レス村】開村式での決意
開村式当日の5日は、まさに五月晴れでした。

心に残るイベントで、これからが楽しみな第1歩でした。
c0010936_641561.jpg
開村式会場


心配したお客さんも、約150人に集まっていただき、普段は閑静なこの場所も、多くの人で賑わいました。また、遠方から駆けつけてくれた方も多くいて、あとで受付名簿みて嬉しかったです。
c0010936_6544134.jpg
IVUSAによる挨拶も


また、今回も、学生ボランティアのIVUSAに駆けつけてもらい、”ワカモノ”たちに走り回っていただきました。IVUSAは、全国で約2,000人規模の学生ボランティアで、この地域にもよく足を運んでくれています。若さが魅せる行動は、顔がほころぶ地域の方を見ていると、なによりの活気になります。
c0010936_6455077.jpg
くす玉割りもしました


地元からは、お世話になった桑原さんと、岩本さんに挨拶いただき、熊野レストレーションへの期待が大きな責任となって胸に刻まれました。集落支援や中山間支援は、遠くから来て言葉を落とすことではなく、地域の住民くらいにまでなることだと実感しました。熊レスも、言葉としては”支援”を使いますが、”ともに歩む”ことが重要で、”共援”することだと受け止めました。
c0010936_6444053.jpg
河内音頭も大盛況


日差しが強いなかでしたが、河内音頭も大盛況で、開村宣言に合わせて演奏を披露していただきました。盆踊りが地域文化として残っている飛鳥では、とても馴染みある音楽だと、参加したお客さんの声にもありました。また、今回、東紀州でライブツアーをしていただいた永田充康一座には、本当にお世話になりました。
c0010936_732496.jpg
熊野鬼城太鼓の演出も最高


磯崎でのイベントに続いての熊野鬼城太鼓も、開村式に合わせた演目が最高でした。やはり、晴れ晴れしいイベントには、”音楽”が必要で、ミカンのコンテナでつくる即席舞台でも、なんとか形になることがわかりました。また、熊レスの専務理事でもある山本さんには、太鼓の演奏だけでなく、飛鳥熊レス村の指導員として、また今回の開村式の立役者として、縦横無尽の活動をしていただきました。最高の仲間が熊レスには集まっています。
c0010936_782654.jpg
餅ほり前の静けさ


開村式では、最後の締めくくりとして、餅ほりをやりました。前々日から準備をいただき、海月の家族も総出で餅づくりをしていただきました。1俵の餅は、あっという間にまかれていきましたが、大歓声と土煙があがるほどの盛況ぶりでした。初めて餅拾いに参加したいう声もあり、老若男女が必死になる様相に興奮冷めやらぬといったところでした。
c0010936_721482.jpg
もとの静けさに


開村式が無事に終わり、熊野レストレーションのスタッフにとっては、飛鳥熊レス村への決意も新たに引き締まりました。海月にとっても、自身が中心となる初めての法人団体なので、これを足がかりに活動していく大きな1歩にもなりました。また、自分が生まれ育ったこの飛鳥町で熊レス村を立ちあげられたことは、大きな意味と意義を感じています。紀伊半島南部を視野に入れ、そのなかでも東紀州を活動拠点とする熊レスですが、多くの仲間と友人たちに支えられ、今後も手の届く活動をしていく所存です。

まずは、本当に皆さまのおかげです。ありがとうございました。

by kurage874 | 2013-05-07 08:05 |  熊野レストレーション
<< 二・八の蕎麦 5月の尾鷲イタダキ市も大盛況 >>