海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
【飛鳥熊レス村】開村式後の農業体験
開村式後、農業体験がありました。

参加者対象のカレー振る舞いは、100食を越えました。
線引しにくく、誰でもOKにしましたが、盛況でよかったです。
c0010936_13205129.jpg
よい風景でした


農業体験にも、たくさんの方が残っていただき、主担当の山本さんが、連日の疲れを物ともせずに指導してくれました。支える熊レススタッフも、実によく動いていただきました。IVUSAだけでなく、くまの元気塾に参加していた府立大生も電撃参加していただき、ワカモノがようけいる体験になりました。
c0010936_13225232.jpg
赤紫蘇について説明


c0010936_13242164.jpg
ワカモノはいいよねえ


やはり数にまさるものはなく、あっという間に畝が赤紫蘇に染まっていきます。スタッフも驚愕するほどのスピードで、おかげで休憩ものんびりと取ることができました。それぞれの植え付け担当も配置できたことも、参加者にとっては丁寧な指導に繋がったと感じています。
c0010936_13262488.jpg
着物姿もいるよ


c0010936_13273631.jpg
用水路で遊ぶ子どもたち


天気もよく、日差しは多少キツかったのですが、作業日和でありました。植え付けながらの交流もでき、この日だけで、facebookの友だちもようけになったことでしょう。ネットとリアルで繋がることができると、さらに活動の幅が拡がり、今後の展開にも弾みがつきますね。
c0010936_13301486.jpg
最後はIVUSAポーズで


手前味噌ですが、実によい農業体験でした。おかげさまで、約10アールの休耕田は、見事赤紫蘇畑に変わりました。7-8月の収穫までは、まだまだ気が抜けませんが、熊野レストレーションの中山間支援事業も、なんとか旗を揚げることができました。
c0010936_1333824.jpg
翌日の様子


静けさが戻った飛鳥熊レス村に、翌日様子を見に行ってきました。普段と変わりない田舎の風景でしたが、熱気の残る赤紫蘇畑がありました。多くの靴跡が、それを証明、物語っていました。

さあ、飛鳥熊レス村のはじまりです。

村長さんを、広く募集しています!

by kurage874 | 2013-05-07 13:34 |  熊野レストレーション
<< 【飛鳥熊レス村】熊レスが目指す先 外食の黒船にどう対抗するのか? >>