海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
【飛鳥熊レス村】めぐりあい梅
日曜日の出来事です。

飛鳥熊レス村での野良作業も、素人ながら板についてきた熊野レストレーションです。この週末は、学生ボランティアのIVUSAにも手伝いいただき、赤紫蘇畑の雑草抜きをやりました。
c0010936_4451863.jpg
けっこう大変な作業


作業自体は単純明快で、マルチングしている赤紫蘇の脇から、負けじと元気に生えている雑草を抜くだけです。畝と畝の間の通路も、見栄えが悪いので引っこ抜きます。その繰り返しを、土日をかけて行いました。
c0010936_4473579.jpg
やるとキレイになるもので


手作業なので、根気もいるし、なにせ人生を振り返りたくなるほどの量です。それぞれが、ときに黙々とやってみたり、仲間と歓談しながらやってみたりと、飽きない工夫をしながらの作業でした。「自分が雑草だけ食べるヤギとかになりたい」と思うほどに、繰り返しの作業が続きました。
c0010936_4502591.jpg
用水路の水がキモチイ!


土曜日の夜には、交流会を兼ねての夕食となり、さらにIVUSAの人となりを知りました。もっと多くの仲間にも、IVUSAのマインドとか学生個人の思いを知ってもらいたいと感じました。学生が自己完結して、この地域に足を運んでくれるなんて、恐らくかられだけです。迎える側が、すべてをお膳立てしなくても、IVUSAは学生たちが計画してやってきてくれます。
c0010936_545844.jpg
IVUSAのポーズ


そもそも飛鳥熊レス村での作業は、赤紫蘇づくりもそうですが、小船の梅が起点です。その小船に、2011年の紀伊半島大水害でIVUSAが災害支援に入ったことが、大きなきっかけとなっています。昨年の1月に、熊野レストレーションが小船を視察したときに、新宅区長さんからIVUSAの話を聞き、その3月に再会する形で、梅まつりを支援しました。その後、6月に梅の収穫を橋渡しし、今年も継続しています。やがては、熊野レストレーションも小船の梅を梅干しにするための赤紫蘇栽培をはじめることになり、梅を巡る人の交流が実現しています。
c0010936_592721.jpg
赤紫蘇アロマ半端ない


海月は、「ストーリー性がある活動は継続する」とよく口にします。それは、資金が先に来るのではなく、ストーリーさえしっかりとしていれば、お金は集まってくるとの考えです。熊レスの赤紫蘇栽培は、投資の面も大きいですが、ストーリーがしっかりとしているので、結果的にはプライスレスの部分が多く残る算段です。もちろん、赤字ばかりでは継続はしないので、人件費分はボランティアですが、トントンになるようには工夫をしています。これを助成金や補助金を使わずにやっているのですが、熊レススタッフの理解あってこそです。
c0010936_5143370.jpg
赤紫蘇ジュースもつくったよ


作業をしながら、「IVUSAが基本管理する畑もいいな。そこで得る利益は、彼らの活動費に還元できる」と考えました。熊レスでは、ここの他にも休耕田を開墾中なので、彼らに一部を任せて管理させることができれば、彼ら自身の楽しみにも繋がります。せっかく熊野においでいただくからには、実益が伴ってこそ、継続が生まれると感じています。熊レスでは、マコモタケやタカナ、最終目標の稲作と、飛鳥熊レス村での農業には未来があります。そして、すべてにストーリーがあるのです。
c0010936_520336.jpg
小さな小悪魔


そう言えば、この週末、誰よりも楽しんだのが娘でした。カエルを捕まえ、用水路でびしょ濡れになり、泥団子もたくさんつくりました。なにより、学生たちにかまってもらい、さながら飛鳥熊レス村のアイドル気分になっていたはずです。土に触れ、水と戯れ、人に寄り添う、そんな娘を遠目に見ながら、この地域の良さをあらためて感じました。やはり、紀伊半島南部の良さは、自然と人とが融合していることに尽きると感じます。

おかげさまで、赤紫蘇畑の雑草抜きは、マルチングしている部分はすべて抜き終わりました。海月の両親には、2度も昼食を差し入れしていただき、タカナの握り(めはり寿司)をよばれました。初めて手にした学生が、その葉っぱをむいて食べとしたのには驚きましたが、いい思い出にもなったでしょう。飛鳥熊レス村は、地域の皆さんと、熊レスが橋渡しするIVUSAの彼らのような外部のものとが交流する場所でもあります。今後も、ネタはずいぶんとありますので、5カ年計画の1年目にしては、滑り出し上々ではないでしょうか。

次回は、いよいよ最初の刈り入れです。売却利益があれば、IVUSAにも還元しなければなりません。みんなが笑顔になる、少なくても得をするような工夫を、これからも考えながら挑戦していきます。

by kurage874 | 2013-06-18 05:30 |  熊野レストレーション
<< 南高梅の収穫体験をしませんか? 第22回キタガワマーケット >>