海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
大泊海水浴場で、なにを感じた?
彼らへのメッセージです。

日曜日、彼らの求めで、大泊海水浴場に立ち寄りました。
c0010936_1358792.jpg
夕暮れどき


c0010936_140383.jpg
太平洋


c0010936_1412283.jpg
思い出す?


大泊海水浴場は、2012年2月の1週間に、延べ700人のボランティアが作業をした場所です。その大半が、学生ボランティアのIVUSAでした。彼らにとっては、忘れられない思い出の場所です。この日に立ち寄った7人のうち、3人が訪れていたとのことでした。

■【熊野レストレーション】大泊海水浴場復活!プロジェクトの報告 : Cafe_CReAM モノ語り
 http://crepm.exblog.jp/17488438/

大泊海水浴場というくらいですから、自然にできた遠浅の海水浴場として、海月も幼いときから訪れている場所です。ここで初めて、小学校5年生のときに、海月(水母)に刺されました。そのときは、海月を見たことがなかったので、友人たちとぶつけ合いっ子して遊びました。もちろん、刺されて痛くなり、海の家でムヒを塗ってもらった記憶が鮮明に残っています。

あの頃に比べると、大泊海水浴場の人気は下降しています。海が変わったわけでもないのに、海岸が汚くなってしまったわけでもないのに、寂れた海水浴場になってしまっています。ただ、いまは跡形なく片付いていますが、ひとたび海が荒れると、この海岸にも流木が漂着ゴミが散乱します。そういうのが目立つということは、それだけ関心が向いていないことに繋がっているのかも知れません。

そこで、彼らには、まだまだ関われることがあるように感じています。海の家を、夏のハイシーズンに運営することも、できるかも知れません。定期的な清掃活動で、ここが世界遺産に程近い自然豊かな海水浴場であることを、PRする手伝いをすることもできるかも知れません。すぐ近くまで、高速道路が伸びてきていて、その最終出口が大泊になります。
c0010936_14462694.jpg
ここが終着


海月は、もっと彼らと夢を語りたいと感じています。それがきっと、この地域をほっとけない地域にすると感じています。夢は現実にしてなんぼです。その夢を、しっかりと語り合い、現実への道筋をつけたいと考えながら、彼らがはしゃぐ姿を遠目に見ていました。

自然と人が、熊野ではひとセットです。
その人に、彼らも加わるべきです。

そう、大泊海水浴場が問いかけていたはずです。

by kurage874 | 2013-06-25 14:49 |  熊野レストレーション
<< 対面式の産直って、実現難しいかいな? ギャラリーに明かりが灯る >>