海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
対面式の産直って、実現難しいかいな?
尾鷲市街は、この時間よく降ってきました。

キタガワノホトリの一画に、産直市場を構想しています。
c0010936_1374311.jpg
キタガワノホトリ


これまでにも、スタッフに指示してイメージを形にしてきましたが、結果的には苦戦しています。プロセスとしては、1.産直に出店できそうな生産者のリスト化、2.キタガワノホトリを産直市場にするための構想、3.生産者への営業、あたりですが、2がしっかりしていないので、3に苦戦しているはずです。しかも、1がきちんとリスト化されていないこともあるでしょう(なんや全部やんっては言わない)。

僕の指示で譲れないのは、対面式で販売できること、です。

生産者の顔が見えないと、それがどういう過程で作られ、自信をもって販売できるかを説明しきれないと考えるからです。安売り店とは違うので、生産者が損をしない価格設定も大事ですし、買う側にも、安心安全に作られたものであるからこそ、納得して買ってもらいたいのです。この両者が現場にいる産直にしたいので、ここが難しくしているのかも知れません。

しかし、市内の某所では、週に一度ですが、小ぢんまりとこれを実現しています。足を伸ばせば、熊野市飛鳥町の42号線沿いでは、毎週土曜日の朝に、無人市場が有人市場となって対面販売しています。それらを見ていると、ただ単に安いものを求めるだけでない気がするのです。そして何よりも、生産者の顔がイキイキして見えるのです。それは、自信があるからだと感じるのです。

キタガワノホトリでは、毎月第3日曜日に、キタガワマーケットを開催しています。来月より、月1回に縮小しますが、ここでの実施を目論んでいます。平日のほうがいい場合にもあるので、この日に限定はしませんが、考えるベースとして、日程の設定をこの日にしています。7月実施は早急ですが、夏野菜が出まわる頃には、しれ~と実現したいと考えています(スタッフもこの記事を見ているかいな?)。

キタガワノホトリは、市民の交流拠点です。そのために、いろいろなアイテムを用意し、自分自身の選択で関われるようにしています。広い窓口を持つことで、自分の得意分野を活かせる仕組みにしています。維持や管理に奔走しますが、本当に官民協働の言葉があるなら、この場所こそがその現場になるはずです。

さて、これで次の一手に進めるかな。

by kurage874 | 2013-06-26 01:54 |  キタガワノホトリ
<< 熊野レストレーションとは? 大泊海水浴場で、なにを感じた? >>