海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
熊野レストレーションとは?
熊野レストレーションについて、複数の方より、いくつかの質問と問い合わせがありました。facebookでも説明しましたが、このブログでも、視覚的、歴史的に説明させていただきます。

熊レスの前進は、紀伊半島生活取戻し隊です。これは、2011年9月の紀伊半島大水害がキッカケで立ち上げた個人ボラセン(個人が設置する災害ボランティアセンター)です。しかし、個人ボラセンと言っても、金銭的な支援を受けるボラセンではなく(場合によっては、赤い羽根共同募金からの支援も受けられます)、被災地と災害ボランティアを橋渡しする、自己資金による私的センターでした。

※設置するに至った経緯は、僕のブログで当時の思いを書いています。

なぜ設置したかは、ブログでもおわかりのように、そこに助けを求める声があり、これまで被災とは縁遠い地域の方々に、災害ボランティアの活動で勇気を与えることも目的でした。どうしても、災害と被災では、気力や前途を失ってしまいます。そこから立ち上がり、再起を奮い立たせるには、災害ボランティアの活躍も有効であることが、これまでの自身の活動で体験していました。

困っている人に手を差し伸べるまでのことですので、設置に躊躇はありませんでした。ただし、一人でできることは限られていますので、はやる気持ちを抑えながら、人が集まる仕組みをつくりました。とは言え、時間的な制約があり、当時9月6日に現地視察をやり、9日に災害ボラの案内を発信、11日に作業開始が最短プランでした。これで果たして集まるのかとの不安はありましたが、災害ボラの仲間による的確な情報拡散もあって、初日は15名もの災害ボランティアに駆けつけていただきました。

このときの災害ボラは、神戸市、宝塚市、吹田市、奈良市、名古屋市、四日市市、亀山市、津市、伊勢市、尾鷲市、御浜町からの参集でした。やはり、災害ボラは、どの地域からでも集まってくれるもので、これは狙い通りでした。また、この日に至るまでに、災害の起因となった台風12号による被災状況や現地情報を、facebookやGooglemapで情報発信し続けていたので、それを追っていた方からの参加や、twitterの拡散による問い合わせからの参加がほとんどでした。

少し話は戻りますが、僕は、2004年9月の三重県豪雨災害のときに、旧海山町で災害ボラセンの立ち上げと運営に関わりました。このときのボラセンは、社協主導のボラセンでしたが、初めての試みをたくさんやったので、紆余曲折はありましたが、社協と民間と行政が協力するボラセンになりました。このときの経験から、「次に想定される南海トラフによる地震と津波では、地域住民の経験値と行動力をより増しておきたい」と実感しました。

その実現のために、普段から活動していることが、災害時に転嫁できると考え、翌年の2005年4月に、いまの尾鷲市に移住することになりました。尾鷲市を選んだのは、そこに活動の場所(CReAM Lab.)があったからですが、東紀州の中心地域で、もっとも僕が知り得ないまちであったからです。出身地の熊野市ですと、身内や友人たちの支援は想像できましたが、それでは活動範囲は拡がらないと感じました。あえて、尾鷲市を選んだのですが、当時の私は気負いもあったので、なかなか現実的には苦労ばかりでした。

しかし、曲がりなりにも尾鷲市で6年半も活動し、この合間にも災害ボラで出動することもあったので、防災や減災を語る上での認知度は、最初からすればあったようには感じています。また、尾鷲市議にも負託されたことも大きかったです(先だって落選してしまいましたが…)。しかし、2011年3月の東日本大震災を目の当たりにし、近しい仲間の動きに瞬発力がなかったことは、僕にとっては大きな落胆であり、自分を責めることにもなりました。その結果、東北の支援は、尾鷲発でありながら個人的な繋がりで進めていくことになるのですが、そこにきての紀伊半島大水害は、「東北は遠いと敬遠した人たちにとっても、三重県南部はまさにお膝元」との認識でありましたが、これも大誤算でした。

結局、紀伊半島生活取戻し隊は、地域内外の支援で成立していくのですが、このときに、「地域にばかりこだわってはダメ」との結論に達したのは言うまでもありません。それは、僕自身が尾鷲市では通用しなかった証明をしてしまったのかも知れません。しかし、それでも尾鷲発であることは、今後のことを考えると有益だと認識していたので、これはいまも変わりありません。率先する災害ボラの視点ですと、そこに目指す先があるから来るので、間違いなく有事の際は、僕を目指して駆けつけてくれるはずです。そのための準備も用意もしています(拠点となるキタガワノホトリには、サテライト程度の資機材が確保されています)。また、そういう繋がりを、これまでしてきたつもりです。

結果的には、通算24日で、延べ231名の災害ボラを受け入れることになりました。そして、この活動の中心が、三重県初、もしくは全国的にも珍しい、チェンソーを使う災害ボラでした。災害ボラセンでのチェンソー使用は、自己責任が多く、使用を厳禁するボラセンも少なくありません。または、規則や規定が曖昧で、素人同然でも自由に使えたりもします。それが、この当時、三重県として、ある一定の規則のなかで使えることが認められました。いわばお墨付きをいただいたのです。これには、多くの友人たちの支えがあってのことでした。

こうして、一人の怪我人も出さずに、紀伊半島生活取戻し隊の活動は無事に終結しますが、このときに集まった仲間たちで、次に繋がる活動の声も出始めました。また、そういう機運も感じ、2012年の1月に、集まった十数名の仲間たちと、熊野レストレーションの立ち上げを宣言しました。当初は、拘束しないおぼろげながらの活動でもいいと感じていましたが、紀和町小船の視察をしたときに、僕には衝撃が走りました。

当時の新宅区長さんの話を、避難先のお寺で聞きながら、少子高齢化、超過疎地域の現状を知ったのですが、災害を契機にそれが加速していくのを、必至になって食い止める手立てを考えておられました。ここにこそ、僕らの次なる活動があるのだと感じずに入られませんでした。これが、熊野レスの向かう先をハッキリとさせる出来事でした。これがキッカケで、熊レスの組み立てなおしを進めていくことになります。しかし、現実的には準備段階でしたので、僕はさらなる信頼できる仲間を求めていました。一過性でない、継続しあえる仲間です。

その後、熊レスとして、大泊海水浴場復活!プロジェクトを主宰し、学生ボランティアであるIVUSAとの連携も確認しました。災害時に動くだけでないことも、当時のIVUSAは求めていたので、熊野とIVUSAの橋渡しが、熊レスにとっても有益であると確信しました。なにより、彼らの求めは、熊レスの理念とも重なりました。それはいまも継続しています。また、小船とのお付き合いも、あれ以来続いています。僕らができることは、熊レスを通じて、地域に寄り添うことです。決して、遠くのカミサマのように、御託と机上の空論を置いていくだけではなく、年に数回でも、人として寄り添い、地域課題を共有することだと感じています。

さらに、熊レスを形付ける出来事が、2012年7月と8月の、九州阿蘇の災害救援遠征です。2度に渡る遠征は、個人負担5万円を越えるものでした。俗的な意味を込めて、ブルジョアなボランティアと揶揄されましたが、賛同する方からの支援金と自己負担で、5名の仲間が参加してくれました。この時の遠征は、災害ボラセンを起点としなかったので、現地では非常に苦労もしました。また、地域によって系統だっていないボラセンもあり、被災は天災でも、その後は人災によることが多いとも再認識しました。しかし、このときの5名には、それぞれ感じ方は違えど、熊野での活動と重なったこともあったはずです。なにより、遠くの地で活動を共にしたことで、いままでにないモノも芽生えた気がしました。

これが、いまの熊レス理事です。

僕が最終段階の形作りに入れたのは、この5名がいたからです。そのためには、お互いが後戻りを簡単にしないためにも、また、これから交流を持つ地域や団体に責任を示せるよう、法人格をとって活動することと、より多くの賛同する仲間を募っていくことでした。幸いにして、30名弱の会員にも集まっていただき、船出は前途多難ですが、いまでもきちんと航行はできています。

熊レスの定款の目的にはこうあります。

「この法人は、県内はもとより、全国の山林里山ボランティア活動団体等と相互に交流を重ね、活動団体の広がりや活性化を促進し、及び互いに協力しながら、世界遺産にも登録されている、紀伊半島をはじめとする、総じて熊野と呼ばれるこの地域の山林里山の保全再生活動、及び普及啓発活動を実施する。また、とくに活動拠点となる東紀州地域の山林里山を再生し、生物多様性の保全、地下水の保全及び活力ある生産・生活の場を創出する。また、自然災害発生時は、災害支援のネットワークを構築し、わが国では稀である、チェンソーという特殊資機材を使用した災害救援活動、及び災害ボランティアを視野に入れて活動する。」

また、この目的の活動としては、以下の通りです。

(1)山林里山活動団体間の交流の促進に関すること
(2)山林里山活動の活性化を図るための施策の検討に関すること
(3)山林里山活動の活性化を図るための広報及び啓発活動に関すること
(4)山林里山活動の人材養成のための講座、研修会等の開催に関すること
(5)山林里山活動団体相互の連絡調整に関すること
(6)災害支援ネットワークの構築と、防災・減災活動の啓発活動に関すること

さらに、この活動を事業体系化すると、以下の通りです。

(1) 森林里山保全事業
(2) 中山間支援事業
(3) 森林レクレーション事業
(4) DRT(Disaster Relief Team:緊急援助隊)事業

現在進められている事業としては、2の飛鳥熊レス村、4の災害チェンソー講座があります。1と3に関しては、まだ手が出せていませんが、準備は進めています。また、全てにおいて、皆さんの協力支援を広く求めています。

もう一つ、これは熊レスを生み出していく原点ですが、飛鳥熊レス村での活動は、僕自身が飛鳥町の出身であることも大きな意義がありますが、それ以上の戦略があります。

南海トラフを想定したとき、広範囲に甚大な被害を受けることになります。その後の支援においては、被災地に近い場所に、災害ボラセンやサテライトが構築されるでしょう。しかし、そのボラセンにスタッフ派遣することや、災害ボラを効率的に派遣するには、ベースキャンプとなる集約ボラセンが必要となります。東日本大震災で言えば、遠野やかわいキャンプを想定していますが、それが飛鳥町には絶対に必要不可欠となってくるはずです。

飛鳥町は、関西方面からの近道であり、延伸する高速道路で言えば、新鹿ICから車で15分の場所にあります。また、災害に強く、津波の心配もありません。2011年には被災しましたが、大きく深層崩落した場所もありません。河川の上流部に位置することも重要です(上流域にダムがありません)。課題はありますが、有事の際の拠点には最適で、ここに飛鳥熊レス村をおいて活動していくことは、地域住民にとっても転嫁しやすい環境をつくっていくことになります。

この飛鳥町も過疎地域です。農業と林業が主体で、いまなお農業との兼業がどうにか保たれています。しかし、5年先には状況が一変するでしょうし、その5年間を寄り添うために、飛鳥熊レス村を立ち上げることにもなりました。僕としては、覚悟をもって、生まれ育ったまちで活動する決意をしたのです。それに、熊レスの仲間たちも賛同してくれたと感じています。

質問に答えられたかは自信がありませんが、これが熊野レストレーションを立ち上げたキッカケであり、今後の目指す先です。僕ならではの、字数の多さとまとまりの無さですが、熊レスの一端を知ってもらえたのであれば、ぜひ皆さんの関われる範囲、出来る範囲での協力をお願いします。楽しいだけの活動ではないかも知れませが、それは皆さんの関わり用です。もちろん、関わる人全てに、僕の考えを押し付けることはありません。しかし、この地域の自然環境を護る上でも、まずは地域住民の生活を護ることが先決です。なぜならば、この地域の自然と暮らしは密接しており、そこかしこに住む人が、この自然を守ってきたはずです。

やはり、まずは人に寄り添うことが、この地域を後世に残す第1歩です。

ありがとうございました。

熊野レストレーション
代表 端無徹也

by kurage874 | 2013-06-27 19:18 |  熊野レストレーション
<< 7月の尾鷲イタダキ市に、浴衣で... 対面式の産直って、実現難しいかいな? >>