海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
カッパの碑の川で泳ぐ
今日も、泳ぎにだけ行きました。

地元の川で泳げるって、実はいいことだなって。
c0010936_082595.jpg
カッパの碑


飛鳥熊レス村のある平地区は、300年もキュウリを栽培しませんでした。それは、カッパとの約束でした。

しかし、僕が小学校5年生のとき、肥料用のキュウリをつくると儲かるとかで、当時の農協の勧めもあって、キュウリをつくることになりました。ちょうどこのころ、飛鳥のいたるところでキュウリが栽培され、あまったキュウリが、「ご自由にどうぞ」って、段ボール箱に捨て置かれてもいたっけ…僕ら子どもも、キュウリを食べながら登下校し、遊びで集まると、マヨネーズ片手にキュウリをかじりながらってやつもいたな。

その栽培も、数年で下火になり、300年の伝統を水の泡にしてしまったことに、僕ら子どもは戦慄を覚えた記憶があります。いつか、カッパが水泳中に足を引っ張るのではないかと…まあ、大丈夫でしたけどね。

ただ、いまでもこうしてキュウリが供えられ、泳ぐ人の安全を祈願しています。この碑を知る部外者は少ないかもしれませんが、だからこそ、安全に泳げる川なんですよって言いたいね。くらもとの重なり岩の下には、このカッパがいまも潜んでいて、川を汚す人を引っ張りこんでくかも知れません。

でも、こういうことをいまでも守っているって、いいですよね。
c0010936_0235991.jpg


c0010936_0242351.jpg


今日も、お気に入りのお姉ちゃんたちを従えて、さらかっぱは、シャチホコ号に乗って遊びまくりでした。深みももろともせずに、泳ぎもマスターしそうな勢いです。オトンといえば、さすがに体力も限界になってきて、ただただ日焼けばかりが進んでしまい、松崎しげる風になっていっています。

でもね、伝説のある川って、やっぱ守っていきたいですよね。
飛鳥熊レス村は、そんな場所にあるんですよ。

by kurage874 | 2013-07-22 00:28 |  飛鳥町漫遊記
<< 小船の梅、飛鳥熊レス村の赤紫蘇... CReAMで、創作レストラン日... >>