海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
小船の梅、飛鳥熊レス村の赤紫蘇、ツナグモノ
やっとこさ、蔵出しならぬ、桶だし?をした。

新宅区長さんにいただいた小船の梅が、飛鳥熊レス村の赤紫蘇で、いままさに梅干しにならんとす。
c0010936_113118.jpg
天日干し


c0010936_1134846.jpg
このツヤ!


飛鳥熊レス村で栽培している赤紫蘇は、小船の梅で梅干しを作るためです。本業は、商品として出荷していますが、それを自宅でもやってみました。手間がかかりますが、案外簡単に梅干しは作れます。
c0010936_1163236.jpg
良い感じ


c0010936_117054.jpg
赤紫蘇も干します


大きいな梅が、てぷっとしていてウマそうです。小さいのは、なんだか硬そうでカリカリ梅になりそうです。今年は、梅酢と梅干しをつくりましたが、どちらも見栄えは上出来です。あとは、口に入れてどうかだけです。待ち遠しいねえ。

もともと、小船の梅とより親しくなったのは、2011年の災害でした。ひょんな事が縁でしたが、梅まつりに参加し、梅の収穫を手伝わせてもらい、そして、その梅を漬けるための赤紫蘇の栽培まできました。資源は循環し、その資源を通じて、人と人の繋がりが生まれました。やはり、人の繋ががり、なによりの資源であり、宝です。もちろん、この繋がりに、学生ボランティアのIVUSAがいてこそです。

そう言えば、昨年の梅を梅干しにした見本を、新宅区長さんにいただいています。それをお手本につくったのですが、この時点ですでに色艶が違います。あたり前ですが、梅干し講座を企画しなくては!てな感じです。

あと2日ほど干して、夜干しして、瓶に詰めて…しかし、このあと雨に降られ、あやうく濡らすところでした。なので、十分に干せたかどうかは…心残りは、ひっくり返せなかったことで、これが明日以降にどう影響するのだろう。

この地域で脈々と受け継がれてきたことを、少しづつ、覚えて実践しようと思っています。

by kurage874 | 2013-07-23 01:25 |  熊野レストレーション
<< タコライスにタコは入っていませ... カッパの碑の川で泳ぐ >>