海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
いっぱい考えた日
月曜日、朝6時に娘が目覚め、オトンは7時まで布団から出てやらんかった。それでも、半分寝ぼけなまこになりながらも、娘の問いかけには答えていた。しかし、娘はこの頃、朝が早い。
c0010936_1512664.jpg
この鳴き声も朝からやしね


c0010936_1515428.jpg
定番の遊び


保育園に行く準備をしてあり、あとはご飯をしかけて白米を持たすだけ。しかし、オトンには躊躇があった。今日は、午後から津に行くこともあるが、午前中はたいした用事がない。僕自身のいまの状況だと、娘を登園させなくても、今日の予定の14時半に迎えに行かなくても、うちで見てやれる…
c0010936_1553296.jpg
天日干しもお手伝い


しばしの葛藤のあと、休ませることにした。その前に、娘にも問いかけたが、保育園に行くとは言わなかった。まあ、そうやろね。そして、僕がしたいことと、娘が興味を持ちそうなことをリンクさせ、パソコンには向かわずに2人で過ごした。ちょうど、日替わりコックさんがスミレだったので、適度にかまってももらえた。これも休ませた理由の一つ。
c0010936_1582612.jpg
日替わりコックさんのランチ


c0010936_204026.jpg
これも夏の定番


昼寝はさすがにしなくて、津までの道中はずっと寝てくれた。もちろん、保育園で同世代のお友だちと遊ぶことも大事だし、そこでしか得ることの出来ない経験も承知している。しかし、時間があるときは、本人の気持ちを大事にさせたいが、こうしていてやることも大事な気がした。でも、結論が出たわけではない。また、出せなくてもよいかも知れない。
c0010936_235533.jpg
フルコース


娘は、オトンの育児しか知らない。1歳になるまでのことは、覚えていないこともあるけど、これでいいのかと考えるときが、いまでもいっぱいある。しかし、それしかないのが現実で、オトンは考えに考え、そして出来うることをしてやるしかないのである。

「おとーさん、せんきょおちたん」と、いまでも思い出したようにいう娘だが、できれば、そういうことを言わなくてもいい状況に進むべきだろう。時が立つにつれて、落胆は諦めに向かっていることもあるので、もはや後ろ髪を引かれる思いは薄らいでいる。もっと端的に言うと、「馬鹿げている」。

僕には、まず、娘の人生を考える必要と責任があるのだ。

by kurage874 | 2013-07-23 02:10 |  さらさに贈る言葉
<< 尾鷲のカキ氷は、どこがご贔屓ですか? タコライスにタコは入っていませ... >>