海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
【飛鳥熊レス村】赤紫蘇の納品
朝6時半の飛鳥は寒いくらい。

クラモトも、水がいかにも冷たそう。
c0010936_22372159.jpg


すでにスタッフが来ていて、忙しく準備をしていた。毎回のように足を運んでくれているが、僕は朝からは初めての参加でした。
c0010936_22394152.jpg
赤紫蘇の水洗い用プール


c0010936_22405916.jpg
刈り取りは機械で


機械による刈り取り、水洗い、コンテナ詰めの繰り返しですが、なるべく茎が入らないようにするため、刈り取る位置を調整ます。また、刈り取った赤紫蘇は熱を帯びるので、水で冷やす意味もあって洗います。
c0010936_22424181.jpg
虫やカエルがいっぱい(肥料以外は無農薬な証拠)


c0010936_22435053.jpg
この日はコンテナ22杯


刈り取った赤紫蘇は、梅干し用に納品されます。納品先は、小船の梅も取り扱っている、熊野ふるさと公社さんです。小船の梅から、この赤紫蘇栽培は始まったので、資源が循環していることに誇りを感じます。ただし、農業は本当の駆け出しなので、周囲にも迷惑や不安を与えつつ、仲間でスッタモンダしながらも、売り先のある農業からはじめたことで、なんとなく勇気が持てるというか、収入は見込めています。
c0010936_22484629.jpg
納品中


c0010936_22492230.jpg
公社の保冷車で冷やされています


大事なことは、人件費分をさらにどう捻出するかですが、専属スタッフもほしいところです。僕の個人的な考えでは、そういった農業主体の仲間が集まって、共同体をつくればと感じています。赤紫蘇の栽培で休耕田を再開墾しながら、販路を拡げて獲得していきます。さらに、赤紫蘇の栽培後は、飛鳥や五郷の名産である高菜を栽培し(これも売り先がある)、やがては稲作まで手がけていく(これは営業が必要。でもヒントは見つけてある)。あるいは、小麦の栽培も求められています。

僕としては、やはり支援側の人間だと感じるので、一緒にやることは惜しみませんが、そのシステムづくりを支えたいと考えてもいます。いまの飛鳥熊レス村には、そういう機運と要素が詰まっています。自給自足を確立していくことが、いま求められています。あとは、やはり林業ですね。これも、未来を感じます。

by kurage874 | 2013-07-31 22:54 |  熊野レストレーション
<< アトピー性皮膚炎 元気の出る食事 >>