海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
【飛鳥熊レス村】赤紫蘇の最終刈り取り
月曜日の朝6時頃に開始しました。

にも関わらず、熊レス正会員や賛助会員が駆けつけてくれました。
本当に、人に支えられてここまで来ました。ありがとうございます。
c0010936_153542.jpg
刈り取り風景


c0010936_1534480.jpg
運搬中


3月に種を蒔き、5月に苗を植え、6月末から収穫しました。
これまでに、6回の大規模な刈り取りを行いました。
そのうち5回は、熊野市ふるさと振興公社さまへの納品でした。
c0010936_1583833.jpg
仮りの水洗い


僕たち熊野レストレーションは、農業に関しては素人同然でした。
ただ一人、山本章彦専務理事が農業に長らく携わってきた人でした。
彼を中山間支援事業部の担当として、ここまでやってこれました。
c0010936_1563382.jpg
出荷準備中


そのため、売り先のある農業からはじめました。
赤紫蘇の栽培は、公社から求められてもいました。
飛鳥に休耕田があり、飛鳥熊レス村が誕生しました。
地域の先輩方にもアドバイスをいただきました。

今年、予想より400キロ多い、約1,200キロの収穫を実現できました。
人件費はボランティアですが、これで赤字になることはありません。
来年の課題もみつかり、一応の目処もつきました。
来年は、耕作面積を拡大することになるかも知れません。

また、次なる栽培に、高菜を視野に入れています。
これもまた、売り先のある農業になります。
うまく進めば、赤紫蘇の裏作になります。

最終的には、半農の専従者を雇用します。
飛鳥熊レス村では、5年間で3組の居住者が目標です。

まずは、関わっていただいた皆さまに感謝です。

あと、個人用に、少しだけ赤紫蘇を残しています。
キロ単位での納品をしますので、ご相談ください。

by kurage874 | 2013-08-14 02:06 |  熊野レストレーション
<< 時間が30分あれば、さらカッパ... Smileのランチ >>