海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
【飛鳥熊レス村】夏BBQキャンプ第1弾
なんと、画像がありません。
バタバタと撮り忘れました…

キタガワマーケットが終わって、買い出しして飛鳥熊レス村に。
こんなときに限って雲行きが怪しく、急遽、実家の軒先に移動。
しかも、クラモトには先約がいたしね。それは仕方がない。

熊レス会員が、理事4人、会員2人、一般2人の計8人が集まりました。
女子4人でしたが、年齢層に幅があるので、合コンではないですよ。
しかし、女子がいると、男どもの野暮ったさがないのは確かです。

肝心のBBQは、牛肉3と鶏肉5と豚肉2の割合でした。
あと、干物が3種類あって、アジとウルメとタチウオでした。
いたってお腹に優しい食材が多く、年齢の高さを物語っていました。

熊レスのこと、飛鳥熊レス村のこと、人生のこと、雇用のこと…いろんな話題に花が咲き、この地域にとって何が必要かを、それぞれが考えていることの発表会のようでもありました。かといって、カタイBBQでもなく、大騒ぎするでもなく、大人ーなBBQでした。僕にとって言えることは、ここに集まった友人たちは、”仲間”であり、年齢を越えてつき合いができる間柄です。もちろん、ナーナーでもなく、和気あいあいもできるので、いい時間をともに過ごしました。

こういう輪にいるのといないのとでは、まさにプライスレスを味わえるかどうかになりますね。初めて対面する人もいたので、もう少し紹介などし合えばよかったのですが、それは次へのお楽しみにと見送りました。人生にとって必要なことは、自ら進んで獲得することですし、それが必要かどうかなんて、僕にはそこまで指南する道理もありません。しかし、橋渡し的に演出またはお膳立てして、キッカケをつくることは意図しています。

あとは、自分次第ということですな。

宴たけなわでBBQも終わり、さっと片付けて、解散しました。この手際の良さも、大人ーな感じです。残った数名で、木本の御浜湯まで走り、さっと汗を流しました。23時までやっている銭湯ですので、こういうときにも重宝します。飛鳥に戻り、実家で夜食をいただいた上に、結局はテント泊ではなく、車中泊と実家泊となったBBQキャンプでした。

僕的には、考えるネタをいただき、また提供できたと感じています。次への行動や活動は、それぞれが考えてするでしょうし、それが集約されていくようにするのが、僕の真骨頂とも言えるかな…

この地域で”暮らす”ことは、大きな意味があります。

参加していただいた皆さま、ありがとうございました。
来週は、第2弾です。年齢層も、もっと若くなりますぞ。

by kurage874 | 2013-08-21 00:28 |  熊野レストレーション
<< この夏最後のさらカッパになるのか? だがし屋大同楽座をやってるワケ >>