海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
今夏に思ふこと
今年は、実家の飛鳥町に通い詰めです。

飛鳥熊レス村の存在が、一番にあります。
c0010936_058653.jpg
飛鳥熊レス村の赤紫蘇


ここで5年間、居住者3組を目指して奔走します。
そのキッカケとなる飛鳥熊レス村は、大きな試練の場です。
公的資金をアテにするでもなく、仲間たちで汗かきました。
その結果、1,200キロの収穫と、対価を得る体験をしました。
農業は、大変です。しかし、大きな可能性を知りました。
次は、高菜、蕪菜、そして、マコモ、小麦、本丸の稲作です。
人が寄れば、知恵が出ます。その人を、この指とまれで集めます。
誰かに与えられる人生もいいけど、切り拓く人生の方が面白い。
c0010936_0555751.jpg
16日夜の火事


たまたま火事の現場に行って、いろんことを考えました。
一瞬で無くなるということは、その原因を境に人生をも変わっていく。
この火事の原因は不明でしたが、不可抗力な面もあるでしょう。
そして、消防団とか消防署員が奔走している姿に、思うことも。
コミュニティが崩壊しているような外部の目は、まさに節穴です。
小さくなっても維持できるように、やはり寄り添わなくてはとね。
c0010936_0562249.jpg
18日夜に汚した人たち


今年ほど、クラモトが汚れた年はないかも知れません。
それだけ通ったこともありますが、この場所が知れたんやろね。
知ってもらうことはいいことですが、こういう輩を呼び寄せることも…
この宴のあとは、岩ガキが散乱し、裸足では歩けなくしてました。
川のなかにも、岩ガキを捨てた大場嘉門は、二度と来ないで欲しい。
平地区の人たちは、トイレの掃除もやり、草刈りもしています。
そのありがたさをわからない人間モドキは、絶えればいい。
c0010936_0572742.jpg
20日になってからの墓参り


うちの実家は、仏さんでなく、神さんの信仰です。
迎え火も送り火も、無縁の環境で育ちました。
なので、形式的な墓参りの作法しか知らず、ご先祖にご無礼を…
手を合わせて、短く深く、いくつかの報告と今後を伝えました。
娘も大きくなりました。しかし、その娘の母親はもういません。
それでも、会えなかったけれど、母親にはかわりありません。
c0010936_0592159.jpg
20日正午の実家


残暑厳しい今年の夏です。
飛鳥も、朝夕は涼しいですが、日中はしんどいです。
昔は、30度を超えると大騒ぎしていました。
また今年は、雨が本当に降らない。
また、豪雨災害が来るのではと、2011年を回想します。

都会であろうと、田舎であろうと、もちろんのこと尾鷲であろうと、飛鳥であろうとも、人は住んでいます。この”住んでいる”ということが、僕にとっては率先する市民であることの根本にあります。どこに住んでいようとも、日常生活を営む点において、生活水準に違いがあってはならぬのです。しかし、その地域に見合った水準もまたあるわけで、ここの追求が大きなテーマです。

それでも、生活している。

そこに寄り添うことで、見えてくるものがあります。
それが、飛鳥熊レス村の挑戦であり、飛鳥での僕です。

尾鷲にいたからこそ、見えてくる現実があります。

by kurage874 | 2013-08-21 01:35 |  飛鳥町漫遊記
<< カマスはフライ この夏最後のさらカッパになるのか? >>