海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
ケジメとつとめ
c0010936_21494519.jpg
下手くそな焚き火あと


c0010936_2150185.jpg
こんなビールはうまいか?


毎回のように、ごみをひらっています。
毎回のように、焚き火あとやBBQの炭で汚れています。
毎回のように、カラスや動物が、食べ残しを荒らします。
すべて、ケジメのないオトナの仕業です。

「ケジメをつける」
「つとめを果たす」

必要なことだと感じています。

僕がまだ公僕のころ、世間には知られていなかった離婚や調停や身内しか知りえない話が、半分正解で半分以上不正解の話として出回っていました。何人かの人が、真意を確かめにもきましたが、そのうちに、その話の出処がわかってきました。なるほど、そうだったのねとは、ある時点で確証もって知りました。そのころは、公僕の身であったので、事が大きくなるのを考えて自粛していました。

「真実は一つであると」

しかし、そのタガが外れたいま、そして、あまりにも不正解な話を面白可笑しく伝えたことに対して、「ケジメをつける」、「つとめを果たす」べきではと考えています。そのために、できうることはしてきたつもりです。公僕であろうと、本来はプライバシーであり、僕以上に娘の今後や名誉もあります。当事者同士に割って入り、真実をねじ曲げた人たちに対し、僕は準備をするべきかも知れません。

ただ、当事者同士では、すでにケジメはついていますので、不可侵であればそれまでです。どうしても許しがたいのが、いまなお嘘をバラマキ、娘が幼いにも関わらず、母親の死をネタのように言いまわることに対しては、このままでいいのかと考えるのです。

僕にも、娘にも、真実とは違うことに対して反論する権利があります。見過ごしてきた人に対しても、本当は大きな憤りがあります。娘は、あと数日たてば4歳になりますが、1歳直後からいままで、母親との闘病期間を除けば、僕が手探り状態ながらも育ててきました。手のひらを返すように、父娘から遠ざかるのは好き勝手ですが、探偵のまね事をしてきたこともバレバレです。

できうるならば、そっとしておいて欲しいのに、見て見ぬふりでもかまわないのに、ネタにされる道理がわかりません。もっとも、本丸に巣食う根源たちについては、いつまでもネガティブキャンペーンをうたれるわけにもいきません。すでに、ケジメもつとめもついているのです。

はしゃぐのは勝手ですが、やり過ぎはどうかいな。
僕の娘の目の前で、同じことが言えるのかいな。

by kurage874 | 2013-08-23 22:23 |  さらさに贈る言葉
<< 日替わりコックさんのランチ さらカッパ、リターンズ >>