海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
4歳になったあとで

間に合った


26日の夜は、アスト津で理事会がありました。

NPO法人みえNPOネットワークセンターの理事会ですが、この日は娘の誕生日でもありました。いつもであれば、理事会の会場に連れて行き、オモチャなどが置いてある場所で遊ばします。しかし、この日は特別な日でもあるので、実家の両親にお願いして、ホテルにて面倒をみてもらうことにしました。ただ、東紀州コミュニティデザインの仕事もあって、ギリギリまで調整したので、けっこう慌てて準備して出かけました。

津市内でケーキをこうて、津のホテルにチェックインしたのが18時で、18時からの会議には多少遅れましたが、会議が終わったのは20時半で、なんとか娘が起きているうちに、ハッピーバースデーができました。それが、この動画です。
c0010936_1116241.jpg


さらに余談ですが、NPO法人みえNPOネットワークセンターの理事になるきっかけとなった会議が、その前年度にありました。月に一度、中間支援組織の代表者がアスト津に集まり、中間支援のあり方を討議する会議でしたが、ちょうど元妻の体調が思わしくない時期と、その後の手術や治療と重なり、当時の入院先だった山田日赤から通ったり、宿泊先のホテルから通ったりしていました。その頃は、「率先する市民活動をこうまでしてするのか」と自問自答もしましたが、これを乗り越えた先に得られるものがあるのかも知れないとも考えていました。

僕は、NPOには素人同然ですし、イロハもよく理解していないと感じています。直感的にしか動けないし、セオリーなども習得していません。ただただ言えることは、弱者に響くことを率先してやる意義と、自分自身に与えられた勝手な使命感で、現在にいたっています。一方で、家族を犠牲にしていると後ろ指を指す者もいるようですが、誰かがそれをやらないと、この地域を牽引する、もしくは礎となる者がいないでしょ?との考えがあるので、ほかがいれば当然のこと、僕はやらないでしょう。

では、なぜこうまでしてやっているのかといえば、やはり、娘の存在が大きいです。それまでは、漠然と活動してきた感じが強かったのですが、娘が生まれてからは、この子が大きくなるに連れて、この地域がどう変わっていくのかを考えたとき、いまから準備しておくことがたくさんあることに気づきました。いまできていることが、娘が同年代になったときには、とうていできていないこともあるし、もっと早い段階で、それらの限界が来ることも容易に想像できました。だからこそ、いましかできないことを前もってやっておくことで、娘の将来や未来に残せるものがあると感じているのです。

0歳、1歳、2歳、3歳、そして4歳と、この地域は年を負うごとに変化しています。それが当然のこともありますし、変化の度合いが急激な場合もあります。また、僕自身の環境も変わっているなかで、踏ん張りどころがいまじゃなかいと考えるのも当然です。

それでも、娘は4歳になり、日々成長しています。その成長には、この地域が大きく影響しているはずですし、地域の影響を受けてこそ、郷土愛やふるさとの記憶が色濃く残るものだと感じています。ただし、僕自身でできることと、僕だけではできない、なしえないこともたくさんあるので、ここに使命感をもって日々生きている自分自身を感じずに入られません。
c0010936_11155649.jpg


わが娘を微笑ましく受け止めながら、親の責任と、この地域に住まう先輩としての責任を感じつつ、もう少し挑戦を続けてみようと考えています。

「さらさ、誕生日おめでとう!」

by kurage874 | 2013-08-28 00:40 |  さらさに贈る言葉
<< キタガワノホトリの便利なモノたち さらカッパ、顔をつけて泳ぐの動画 >>