海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
【飛鳥熊レス村】赤紫蘇から高菜栽培へ
昨日は、雨に降られるまでやりました。

お陰様で、すべて赤紫蘇を抜き終えました。
手も体も、周辺も、赤紫蘇のアロマでいっぱいになりました。
参加してくれた皆さんも、大変疲れたことでしょう。
いつもありがとうございます。
c0010936_10573922.jpg
最終5人で作業


手で抜くのは、同じ作業の繰り返しで飽きてきます。話しながらやるので、時間経つのも早いですが、農業って繰り返しなんだとつくづく感じます。僕も、左右の手を交代しながら抜いたので、両肩が筋肉痛でイタイです。
c0010936_10592913.jpg
種がいっぱい


無農薬で育てたので、虫もいっぱいでした。芋虫やカメムシが、葉が落ちた種周りを食べていました。鳥がやって来ては、それらをついばんでいました。たくさんいたアマガエルは、どこかにいったのか、数が減っていました。
c0010936_1133768.jpg
無の境地


焼き灰をつくるのに、少々燃やしましたが、赤紫蘇でつくった焼き灰は、今度の高菜栽培に利用します。資源を循環しながら、より自然に近い農法で進めようと考えているので、高菜栽培も未知への体験となるでしょう。熊野レストレーションの農業部門は(正式事業名は、中山間支援事業部)、新たなステージにはいります。
c0010936_1153831.jpg
抜いた一部


この休耕田には、大きく4枚の畑があり、1段目が種取り用、2段目と3段目を、近々トラクターで耕うんするよていです。4段目は、そのままマルチを使う予定で、出来具合などの様子をみようと考えています。手探りの農業ですが、山本専務理事をはじめ、小阪のIさんやKさんなど、顧問となって指導いただける先輩がいるので、熊レスの農業は確実な先見性を見出そうとしています。もちろん、売り先ある農業の実践を、まずは確立しないとなりません。

近々、尾鷲のキタガワノホトリにおいて、高菜の種まきを行います。暖地を利用し、種から苗まで育て上げ、11月初旬には、飛鳥熊レス村で植え付けをします。それまでに、飛鳥熊レス村の休耕田を耕うんして準備しておきます。もう1箇所の休耕田は、草刈りをやったあとに、ここも耕うんする予定です。休みない作業が続きますが、高菜を出荷できるように気合を入れていきます。

まだまだ、皆さんの協力が必要です。農業の体験だけでなく、少子高齢化の地域でなにができるのかを考えるキッカケもつくっていきます。自給自足にも挑戦し、細々とながらも生活ができる環境に、熊レスは挑戦していきます。それに賛同し、飛鳥熊レス村を一緒になって支えてくれるスタッフも、最大2名募集しています。移住の覚悟を決めて、私たちと一緒に考え、汗をかき、自信が持てる農業をやっていきましょう。

熊野レストレーションは、アナタを待っています。

by kurage874 | 2013-10-15 11:15 |  熊野レストレーション
<< 自然に向き合う暮らしを求めて 飛鳥で焼肉の名店 >>