海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
災害とチェンソーの覚え書き
ちょっと気になることがあったので覚え書き…

今日は、これから熊野レストレーションの理事会です。

・チェンソーは他人には貸しません。自分の手先なので、貸すときはアゲルときですね。そういう人って多いですが、そういう人って、信頼できる仲間かなあ…

・ソーチェンは、ピコデュロ使っています。しかし、わざと鉄(釘)や石などは伐りません。自分の目で見ながら、避けて伐ります。

・目立てするソーチェンも持っていきます。基本はピコデュロなので、使うことはほとんどないです。これも、アゲルように持っているようなもんですね。

・山師の世界では、研師もいます。専門に研いでいく人です。短時間で神的な研ぎをします。

・オイルは、僕は一貫して植物性です。よし悪しありますが、ハスクバーナの植物性です。

・燃料ですが、自分で配合します。他人のは基本使いません。自分のマイソーにあった配合があります。ただし、求められれば、他人にもあげます。配合は50対1です。

・災害時のチェンソー、排気量40‐50ccも魅力ですが、自分は35ccのスティールM200を主に使っています。1日5時間使う時もあるので、軽いというのが一番です。ただし、2-3台(43cc、50cc)は積んでいます。大径木は、直径80cmくらいまでは、M200でやっちゃいます。

・基本はプロ仕様です。信頼できる専門店で買うものです。それは、のちのメンテナンスがいるからです。1年に一度は、オーバーホールかそれに近いメンテナンスをします。災害で使うと、砂や泥も入る混むので、痛むのも早いです。災害時に使う主チェンソーは、これまで4台使用してきました。うち2台は、すでに廃棄しています。10年ないキャリアで、それほど活動していなくてもこれだけです。

人命救助の際に使うチェンソーは、使う人が素人では話になりません。伐り出しながら、生存者の声をひらう作業なので、繊細かつ正確さが必要です。時間が経てば、あとは作業効率を考えての伐り出しになります。チェンソーは、ずぶの素人でも使えますが、使える人から見ると、邪魔でしかないときも多いです。そのときに出会った仲間同士、暗黙の了解で使い合うので、素人が入ってくると気を使いまくりです。

意地悪な言い方をすると、上記のことがわからない人は、チェンソーを災害時に使ってはどうかなって感じます。もちろん、安全に使うことは書いていないので、あくまで導入部分です。

by kurage874 | 2013-10-19 18:08 |  熊野レストレーション
<< かきあげうどん 防災・減災・災害支援関係で勉強... >>