海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
滋賀県内における台風18号の振り返り会議に出席する
18日(金)の報告です。

先の台風18号では、滋賀県内で初めての災害ボランティアセンターが設置されました。しかも、県内が広範囲に被災したので、災害ボラセンが設置されたところと、できなかったところ、またはしなかったところがあったようです。そのため、県内外から募集する形で、当時の滋賀県内で災害ボランティアに関わった人や組織との交流会を、認定NPO法人しがNPOセンター内の災害支援市民ネットワークが企画しました。NPOセンターに、災害支援ネットワークがあるってのにも、あとになってステキと感じました。

■認定NPO法人しがNPOセンター
https://www.facebook.com/pages/%E7%89%B9%E5%AE%9A%E9%9D%9E%E5%96%B6%E5%88%A9%E6%B4%BB%E5%8B%95%E6%B3%95%E4%BA%BA-%E3%81%97%E3%81%8C%EF%BD%8E%EF%BD%90%EF%BD%8F%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC/240645506030163

■災害支援市民ネットワークしが
 https://www.facebook.com/saigaiNWS

熊野レストレーションでは、2回にわたり甲賀市で活動したため、また、はじめて甲賀に入るときに、このセンターからの後押しがあったため、ぜひとも参加しようとなりました。また、このような交流会を迅速に企画することにも感銘を受けたので、なにも下調べせずに申し込みをしたところです。熊野レストレーションからは、代表の私と、副代表が2名参加しました。
c0010936_1441934.jpg


熊野レストレーションが、学生ボランティアとともに甲賀市に入ったのは、9月19日(木)でした。前日に、伊賀市で活動をしており、2日連続での活動よりも、より被災しているであろう甲賀市での活動の助言を受けたこともありました。すぐに、後方支援していた私より、甲賀市での活動の是非を求めたのが、このセンターの職員でした。ちょうど、facebookでやり取りをしていたこともあり、翌日の甲賀市入は、スムーズに行きました。また、2回目に入ったときは、深夜の大津で合流した2名の宿を手配し、甲賀市での活動に誘導しました。災害現場での活動に長けている2人でしたので、ほかのボランティアによい影響を与えればと考えてのことでした。

熊野レストレーションでは、すでに会員30名に募集をかけていたので、甲賀市入りできる理事2名と連絡を取り、会員とも調整しました。また、日頃より活動を通して関係のある団体や個人からの申し出もあり、総勢18名で甲賀市入りしました。これが現地での判断だけですと、混乱も遅れも出るのですが、後方支援として情報提供をしていますので、18名全員が、それぞれバラバラの参加となっても、現地ではまとまって行動できるようにしています。そして、常に現地の情報を、現地の理事宛に流すことで、現場が混乱していても、ちゃんとした情報提供が行えます。また、同時に、facebookやtwitter、LINEで共有することで、より多くの会員や関係者の関心をひくこともできます。
c0010936_1443798.jpg


また、熊野レストレーションがこれまで行ってきた支援や、私自身がこれまで活動してきた内容なども紹介させていただきました。熊野レストレーションとしては、2011年の紀伊半島大水害で活動したのが縁で組織化された若い組織です。しかし、災害支援を主たる業務とするのではなく、拠点とする紀伊半島南部の生活支援を主たる事業として展開しています。飛鳥熊レス村なども、熊野レストレーションが進める中山間地域の生活支援を主眼としているので、日頃からの活動が、災害時に転嫁できることを実践しています。

あとになって、このセンターの活動範囲の広さに驚いたわけですが、私が理事を務めるNPO法人みえNPOネットワークセンターの他の理事とも関係が深く、三重県内での関係者も多いと聞いて、ますます失礼がなかったと反省したところです。知らいないということは、言いたい放題でしたので恐ろしいことです(笑)。

しかし、このセンターが求める先が明確で、羨ましく感じたのは言うまでもありません。また、今後の連携や展開についても、ぜひ教授いただきたいと感じたところです。とくに、滋賀県と三重県は隣り合わせで、滋賀県が被災しても、三重県が被災しないこともあります。もちろん、その逆の方が多いでしょうが、連携できることはたくさんある気がしました。私らが持っているものが、滋賀県には必要とされると感じたし、その反対は、なにも災害支援にとどまらないと感じました。

次の移動先の大阪に向かう間、この交流会の振り返りでクールダウンしましたが、滋賀は中日本の中心であり、近畿と東海のハブだと感じました。このことだけでも、楽しく興味深いことが起こりそうな気がして、私もワクワクしたところです。

■オマケ
 昼食先を探すうち、目立った看板を見つけました。食堂みたいなところにしようと決めていたので、昔ながらの食堂に大満足でした。家族経営のようで、まさに大衆食堂って感じでした。次に来るときもいこで。
c0010936_1572999.jpg

初雪食堂



by kurage874 | 2013-10-21 15:08 |  熊野レストレーション
<< キタガワノホトリで寄せ植え教室... ヤツガシラのコロッケ >>