海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
NPO法人日本森林ボランティア協会主催災害セミナーに参加する
18日(金)の報告です。

滋賀での交流会が終わり、大阪に移動しました。

夜から、大阪のYMCA会館において、表題のセミナーがありました。副題は、地震、災害 私たちに何ができるか?~ 森林ボランティア、万一の時は災害ボランティア ~であり、まさに熊野レストレーションの主たる活動のことでもありました。ただし、ここに参加していた多くの方が、森林ボランティアから災害ボランティアに転嫁してきたのに対し、熊野レストレーションは、災害ボランティアから森林ボランティアに移行していったことにあります。このことについては、多くの興味関心を引いていました。
c0010936_1142535.jpg
70名くらいはいたかな


そうそうたるメンバーが参加しており、災害現場で顔なじみの方も数名おりました。熊野レストレーションや僕なんかは、まだまだひよっこさんで、発言を求められたときは、恐る恐るな感じでした。ただ、チェンソーを使用した災害ボランティアとしては、それなりのキャリアを持ってるはずなので、この分野での発言には自信がありました。また、2011年9月の紀伊半島大水害では、個人ボラセンを立ち上げての支援を行ったので、当時の三重県の支援も特筆すべきこととして、参加者からの賛同を得たところです。
c0010936_1183619.jpg
写真は借用です


登壇者の発言も興味深く、森林ボランティアが災害ボランティアに転嫁していくことに対して、今後の連携やネットワーク化についても言及されていました。それは、私や熊野レストレーションも望むところであり、できることから、いますぐにでも進めたい気持ちであります。そのために、熊野レストレーションを立ち上げたと言っても言い過ぎではありません。また、伊豆大島の災害についても発言があり、チェンソー作業が必要であることと、チェンソー自体の使い方や認識についても、今後はシステム化していくことを痛感したところです。

例えば、災害発生直後から、チェンソーが命を救う資機材であることは明確です。道を切り拓く、人名救助に使うなどで、流木や倒木の処理をすることが求められます。家屋の解体にも使いますし、重機では対応できない場面でも、チェンソーが解決することも出てきます。しかし、使い手にスキルがないと、それは大変危険な資機材でもあります。ミニバイク並みのエンジンを積んだ動力機が、粗い刃を複数搭載したソーチェンを高速回転させるのです。それを、腕力中心に操作するのですから、安全を怠れば最悪死にます。または、相手を死なせます。しかし、素人でも使えるし、量販店でも通販でも買えるので、このことが蔑ろにされがちです。

まずは、スキルある人たちによる、安全作法を学ぶ機会をつくるべきで、熊野レストレーションがはじめている災害時のチェンソー講座などは、そのよい例であります。熊野レストレーションでは、今回の主催団体である日本森林ボランティア協会に講師をお願いして、よりスキルのある方から学ぼうとしています。また、実戦形式の使い方も学ぶべきですし、それは私たちのような率先して使用してきた災害ボランティアが、森林ボランティアでは体験することがない過酷な場面での作法を学べる機会をつくっていきます。

もっとも、台風18号や伊豆大島での被災をみても、すぐさまチェンソー部隊が派遣されるような土壌づくりをしていくことも必要で、それが今回のセミナーの大きな目的のひとつでもあったはずです。そのためには、先遣調査隊の派遣や、その後のコーディネートなども、ここに集まった組織団体で進めていくことが不可欠です。と同時に、保険や費用弁償の面においても、何らかの支援や助成も求めていかなければなりません。チェンソーは、エンジンをかければすぐにでも使えますが、燃料もオイルも必要ですし、ソーチェンなどの消耗品にも出費がかさみます。また、災害時に使うチェンソーは、日々のメンテナンスも必要で、森林ボランティアでの使用と比較して、痛みや寿命も短い傾向です。これが、森林関係者がすぐさま災害ボランティアになりえない理由でもあるでしょう。私のチェンソーも、年に一度は、オーバーホールかそれに近いメンテナンスを専門業者にしてもらっています。とかく、部品もよく消耗して傷んでいます。

セミナー後は、懇親会にも参加させていただき、有意義な時間を過ごしました。日々の活動をしながらですが、これ以降に災害が発生する事態となれば、これまで以上に動く体制をとってみたいと感じています。それに応えてくれるだけの関係づくりも、並行して進めていかなければなりません。なによりも、チェンソーが災害時に有効な資機材であることを、このセミナーを通して発信できた、最初の1歩であったと感じたところです。

by kurage874 | 2013-10-22 01:40 |  熊野レストレーション
<< 災害現場にチェンソー作業は必要... 地域の未来を一緒に考えませんか... >>