海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
災害現場にチェンソー作業は必要ではありませんか?
facebookにも連動しているので、まとめてこちらに。

熊野レストレーションの代表の端無です。このブログの管理者です。

当団体は、災害支援が原点で組織化した団体です。現在、一般社団法人を取得途中で、会員が30名おります。うち、理事級が7名で、毎月1回の理事会と、年2回の定時総会で運営しています。ただし、災害支援を主にするのではなく、普段からの活動が転嫁できるよう、1.森林里山保全事業、2.中山間支援事業、3.森林レクレーション事業、4.DRT事業を進めています。簡単にいえば、森林ボランティアや里山ボランティアをしながら、災害時にも活動できる団体です。災害では、主にチェンソーを使った作業を得意としています。

拠点は、三重県の尾鷲市にあり、普段は、紀伊半島南部が活動範囲です。とくに、熊野市に中山間支援事業の拠点となる飛鳥熊レス村を立ち上げており、災害時には、広域支援の後方拠点となるように整備していく予定です。とくにこの地域は、南海トラフによる地震と津波が懸念されるので、高台に位置する利便性をいかし、そのときのためのベースキャンプとなるように想定しているのです。

さて、表題の通り、今年は災害が広範囲で発生した年になりました。一方、私たちは、2011年9月の紀伊半島大水害で、チェンソーを主体とした個人ボラセンを立ち上げて活動した実績があり、通算24日で、延べ231名の災害ボランティアをコーディネートしてきました。その大半が、チェンソーを使う作業であり、おそらく専門的なテクニカルボランティアとしては、西日本初ではなかったと記憶しています。また、私自身も、それまで個人的にではありますが、チェンソーを災害現場に持ち込む災害ボランティアをやってきており、流木や倒木処理には、それなりのスキルを持ちあわせております。通常の森林ボランティアとは違う作業ですが、安全に使うという点では共通して気配りもします。
c0010936_0555742.jpg


その後も、九州阿蘇や京都宇治にも派遣し、チェンソーを使った作業を重ねてきていますが、なかなか災害現場から声がかかることはありません。どちらかと言えば、とくに現地の災害ボラセンからは、「保険が適用されない」、「危険が大きすぎる」など、後退的な意見でもって拒否されることが大半です。しかし、災害現場を見渡せば、私たちの活動現場がそこかしこにあり、私たちにしかできない作業が目につきます。最終的には、災害ボラセンを飛び越えて、地域の地区長や関係者に橋渡しをしていただいて、現地での作業を遂行する形をとっています。そうなんです。チェンソー作業のニーズを出せる災害ボラセンは、なかなかないのが現状で、その必要性をコーディネートする組織団体も、なかなか出てきていないのが実情です。
c0010936_0561358.jpg


そこで、このブログやfacebook、twitterをご覧になった方で、災害現場に繋げる方がいれば、私たちの団体を有効にお使いください。自己完結で作業し、なにか対価を求めることはありません。橋渡しさえしてくれれば、手作業で進められている、または素人が危険な状態で作業しているその現場に、スキルを持った仲間たちで馳せ参じます。私たちは、災害があれば、闇雲に駆けつける組織ではありません。現地での橋渡しがあってこそ、相互理解のものとに作業を遂行していきます。また、同じ意志の仲間や仲間の組織団体もネットワークを持っているので、点でなく面での支援も可能となります。
c0010936_0562435.jpg


もちろん、私たちは民間のボランティアですので、命の保証は自己責任です。名誉の死なんかもしたくないし、そこまでする理由もありません。しかし、そこに困った人がいれば、私たちにしかできない作業があれば、十分な検討と準備でもって駆けつけます。どうぞ、お声がけいただいて、希望を捨てないで待っていて欲しいのです。

チェンソーによるニーズは、現場での活動実績が物言いますので、それが私たちの専門分野です。現地調査だけでも向かいますので、合わせてご検討ください。必要とあれば、全国の仲間に声掛けして、いま以上の作業効率で片付けていきます。

熊野レストレーション
 代表 端無徹也
 https://www.facebook.com/KumanoRestoration

by kurage874 | 2013-10-23 23:58 |  熊野レストレーション
<< 【飛鳥熊レス村】赤大葉高菜の種蒔き NPO法人日本森林ボランティア... >>