海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
ただいま反抗期
血を分けたわが子、ソックリです。

4歳にして、反抗期なる抵抗と葛藤をしとります。
とにかく、ハイとは素直に言いません。
天の邪鬼とは、こんな感じやないかな?
って言うくらい、文句からはじまります。

かと言って、離れるまではしたくないようです。
オトンが、「まあええは。一人でせい」って言うと…
「とーちゃん」ってすり寄ってきます。
その瞬間は可愛いけど、また文句がはじまります。
辻褄が合わなくなると、笑って誤魔化します。
c0010936_025942.jpg
凜さんにて


さっきは、オトンから寝る寸前に叱られました。
電気も消えているのに、団扇で扇ぐと聞きません。
寒くもないのに、暗闇でガサガサしまくりです。
ほっておいたら、さらにうるさくします。
3回目くらいに、雷落ちました。

しかし、それで寝ないのが、いまの娘です。
さんざん叱られ、謝っていたのに、文句がスタート!
やれ、枕はこっち、寝る場所が狭いと、抵抗しまくり。
とうとう、オトンが床に移動して、そのまま寝たふり。
ブツブツ言いながらも、睡魔に負けて寝ていきました。
c0010936_034080.jpg
CReAMにて


なんでもない日常ですが、娘の成長は著しいです。
いちいちオトンが腹立ててたら、もうもちませんわ。
かと言って、絞るとことの強弱はあった方がいいようです。
これでいいのかと考えても、目の前が現実です。
少なくとも、いまは好きなようにさせておけばいいでしょう。
絞るとこは、オトンが決めるしかありません、
あとは、保育園や世間が、絞ってくれます。

ひとり親でも、子どもは成長します。
ただし、二人の方がもっといいに決まっています。
かと言って、オトンにその経験は浅すぎて、実感はありません。
こうしてひとり親で育てながら、そう感じているだけです。
しかし、娘にとっては、どうなのかとは考えます。

その点で考えることは、尽きません。
しかし、現実の方がもっと大事です。

僕は、娘と同じように葛藤しながら、子育てを楽しんでいます。
とりあえずは、それしか出来ません。

by kurage874 | 2013-10-25 23:52 |  さらさに贈る言葉
<< 食べることは、命をつなぐだけで... 自分が楽しないとはじまらない >>