海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
宗教への誘い
c0010936_18193269.jpg
飛鳥町の落日


日曜日、娘が指先をドアに挟んでしました。

大事には至りませんでしたが、病院で包帯ぐるぐる巻に。昨日には、絆創膏とテーピング巻きになりましたが、利き腕ではないとはいえ、中指が2本も使えないと不便そうです。昨日と今日も、保育園を休んで過ごしています。それ以外は元気なので、なんともかわいそうです。お風呂も、ビニル袋を被せていますしね。

さて、今日のお昼前に、ある宗教の方がやって来ました。たまに来ている方とは違い、初めての顔でした。僕は、宗教心はほとんどありませんが、信仰は自由だと感じているし、他人のことまでは言及するつもりもありません。しかし、押し付けてくるような態度で来られると、スイッチが入ります。

宗教って、自分で見つけるものじゃないかな?

キッカケとして、教えられることはあっても、「いい教えだから信じましょう」って来られても、「知らんがな」ってことです。しかし、ほんまに今日は、僕にとっては酷い講釈でした。つまりは、「死んだ人は生き返る」と言うことで、「そうなるってことを信じますか?」、「信じませんか?」って話でした。

「そんなことあろうわけがない」

って話ですが、宗教上、それを事実として受け止める方がいても、なんらかまいません。一度は死んだ人が復活して、再びこの世に降臨したとしても、僕には関係のない話です。いくら、「人間は神がお造りになった」と言われても、「そうですね」、「そうなのか?」くらいのことです。しかし、「死んだ人が復活する」と断言されると、「それは、あなた方の宗教上のことですよね」って話なのです。

「では、この子の母親を復活させてください」

これを言うしかないくらいに、その方は詰め寄って来るのです。しかし、本題を反らせる講釈をするだけなのです。「復活して、この娘に合わせてくれたら、または母親に抱っこさせられたら、僕は入信しますよ」ってまで言うてるのに、復活させるのは精神的な面でしかないのです。それは、41歳の僕には理解できても、4歳の娘には理解できないのです。

「さらちゃんのかあちゃんはしんだん」

話を聞いていた娘が、自分からそのことを明るい表情で言うのを聞いて、一緒にいた連れの方のほうが涙を誘われた感じでした。まさに、それが人間の感情であり、宗教とはかけ離れた正直な気持ちです。しかし、話を切り出すその方は、それすらも受け止められないのか、受け止めたくないのか、論点を変えようとするのです。でも、娘の言葉はきつかったようで、それが最後で引き上げていきました。

「二度と来るな」

正直、そう思いました。少なくとも、その方には二度と会いたくはないです。人間の皮を被った違う生物だと思います。一生懸命に信心しても、死んだ人はこの世には生き返りません。もしも、数千年前にそうであっても、現実世では無理なはずです。身近に言えば、娘の母親は、もう二度と娘の前に人間として現れることはありません。

久しぶりに、声を荒らげてやろうかとも思いましたが、違う生物だと思い直し、静かに対応しました。長い時間に感じられ、とても気分が悪かったです。この宗教は否定しませんが、僕は絶対に受け入れることはありません。まだ、八百万の神さんのほうが身近で、納得することのほうが多いです。そのくらいが、僕にとってはちょうどいい宗教なのです。

宗教する人によっては、いまの僕がそのような救いを求めている人に見えているのでしょうか?大なり小なりはいろいろあるとしても、深刻な悩みも不安もありません。僕自身が、持てる知恵と経験で、乗りきれることばかりです。できないとすれば、それは僕に足りないものがあるだけで、それを補えばいいだけのことです。それを、宗教によって満たすことは、絶対にないし、できないことです。

「目の前に、連れてきて」

この願いを叶えてくれるなら、娘にもう一度、会わせてやれるなら…それは宗教では補えません。それだけはハッキリとしています。ほんとに、「だから毛嫌いされるんだよな」って、そんな宗教の押し付けでした。

by kurage874 | 2013-11-19 18:48 |  さらさに贈る言葉
<< POPって大事って話 【飛鳥熊レス村】赤大葉高菜の成... >>