海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
熊野原木市場を遠巻きに見る
c0010936_19523948.jpg
5日の30周年記念市


5日、熊野原木市場が、30周年の記念市でした。

■熊野原木市場 - オフィシャルサイト - 紀州材を熊野原木市場から
 http://www.kumagen.com/

前日の夜遅くまで、準備をしていたのを見ていたので、ちょっと気持ちが高揚しました。また、僕自身も、20歳の学生のときに、ここでアルバイトをしていました。当時の池正製材所のおっちゃん(社長)に声をかけられ、短い間でしたが、汗を流しました。チェンソーで切りそろえたり(このとき初めて、スチールのチェンソーを使った)、太さで分別したりしました。

当時は、木の単価もまだまだ高く、「60年越えたの杉はええ値やの」、「このヒノキはたこつくど」など、先輩職員に教えてもらいながら、いまとなってはテンゴしていたのと変わらなかったのかも知れません。しかし、池正のおっちゃんからは、「大学出たら、ここへ戻ってこんか。木はええど」って言葉が忘れられません。

低迷する林業と言われていますが、値がつく丸太もたくさんあったようで、当日は車と人でいっぱいでした。その近くに、飛鳥熊レス村があるので、農業も林業も、ここらへんではまだまだ現役だと感じます。そして、そのどちらも、この地域には絶対的に必要なことです。その一端に関われることが、また関わることが、最初の1歩だと考えています。

by kurage874 | 2013-12-06 20:13 |  飛鳥町漫遊記
<< 七里御浜から、手打ちうどん経由... おてつだい >>