海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
七里御浜から、手打ちうどん経由の路地散策
熊野市の羽市木は、裏の顔もありますよ。

でも、裏の顔って言うても、見どころですけどね。
c0010936_23262455.jpg
誰に似たんだか、階段を使わない人…


c0010936_23274872.jpg
まだ残ってた


浜でええほど遊び、娘は貝殻をようけ見つけた。
オトンが波打ち際まで行くと、「あぶないでやめて」だって。
c0010936_23293679.jpg
はよもどって!


c0010936_2331430.jpg
天丼セット、かけうどん付き


昼時だったので、近くのうどん屋に入った。
ここは、めずらしく手打ちでして、独特のコシと味です。
汁もあっさりとしていて、実はオススメです。
c0010936_2332923.jpg
bootlegでの作品展


c0010936_23354036.jpg
これをキタガワノホトリでもやりたい…


古民家を改装し、革細工の工房をしている先輩がいます。
ちょうど、作品展をやっているのを知っていました。
しかし、初めて中に入りました。凄いなあ…異空間だよ。

■熊野での革細工の日々
 http://bootleg116b.blog.fc2.com/

以前、キタガワノホトリでも、革ベルトの制作教室をしました。
次は、この勾玉ペンダントかなあ。きっと夢中になりますよ。
c0010936_2338377.jpg
ただならぬデザインだ


c0010936_23392260.jpg
奥の建物に注目


確かここは、西村伊作氏の設計だったはずですが、きれいにリノベーションされていました。個人宅なので、さすがに入ってはよういきませんでしたが、いまは関係者がお住まいになっているそうです。しかし、見違えるようになってはいましたが、原型はきちんととどめていました。なんてステキな…中が見たい。
c0010936_2342797.jpg
路地を抜けて戻ります


しばしの路地散策を楽しみましたが、この山の麓には、もっと面白いもんが埋まっているような気がしてなりません。だって、太古の昔から、この辺は人間がいたんですからね。きっと、なにかしらの痕跡が、まだまだあると思うのですよ。

いやあ、短い時間でしたが、まち歩きって楽しいです。
なにしろ、一番に娘も夢中になりますしね。

by kurage874 | 2013-12-07 23:45 |  東紀州漫遊記
<< 【飛鳥熊レス村】赤紫蘇の株抜き 熊野原木市場を遠巻きに見る >>