海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
【飛鳥熊レス村】IVUSAとの活動で、中山間地域に一石を投じられるか?
100人の活動よりも、10人で10年の活動が必要です。
c0010936_11525363.jpg
キャベツ畑


災害時は、人の数がモノを言います。しかし、日常的な活動では、継続する術が必要です。お金があるとき、人がいるとき、そんな他人事のようなことでは、地域は振り回されることになります。僕や熊野レストレーションが、今年5月に飛鳥熊レス村を立ち上げたのは、まずは5ヵ年計画で、3組の移住者を増やすことを目標としました。そして、その移住者が来やすいよう、移住したあとも生活しやすいよう、今後も継続して移住者が増えたらいいね!を期待して、サポートすることを、飛鳥熊レス村の活動の理念に置いています。
c0010936_11532712.jpg
名前札付き


IVUSAと出会ったのも、開村式に彼らに来てもらったのも、そういうことを期待してです。2011年の災害が縁で、熊野はIVUSAと繋がりました。しかし、そのときに熊野で活動したIVUSAの学生ボランティアも、来年には誰一人居なくなります。その当時の思いを共有できることがなくなったあとで、新しい第1歩をどのように踏み出していけるかです。少なくとも、僕や熊野レストレーションは、IVUSAは数の論理ではありません。熊野を愛し、中山間地域が置かれている現状を共有できる人間を、IVUSAにも求めていきたい考えです。なので、それが他にもあるはずですので、同じように求めていきます。
c0010936_1154098.jpg
赤大葉高菜の植え替え


地域を考えるとは、遠くの神さまではいけません。お金をもらって、事業としてウンチクこいても、金の切れ目が縁の切れ目になる人や組織団体は、信用も信頼もされません。だから、市民活動やNPOは、どこか胡散臭く捉えられるのだと実感しています。年度末になるに連れて、消化試合のような事業が急ぎイベント化されるのも、そろそろやめにしないとなりません。あなたのまちで、消えた事業っていくつありますか…
c0010936_1158986.jpg
休耕田


さて、IVUSAと飛鳥熊レス村ですが、先週土曜日の活動では、赤大葉高菜の植え替えと、休耕田の獣害杭の移動が主な作業でした。ともに、人海戦術がモノを言いますが、興味関心の出る作業ですので、作業内容を理解し、その先にあることを想像できる労力と、やらされている感の労力は違うなとも感じました。しかし、それでも作業を懸命にしてくれるIVUSAは、さすがだなと感心しました。目標していた目処を達成できたのも、彼らのおかげです。残りの処理は、熊レスが少しづつ進めていきます。
c0010936_11583636.jpg
いくらでも作業はある


あと、一番最初にやったキャベツの定植ですが、参加した彼らの名前札を立てています。大きく成長し、収穫できた時には、熊レスが1個200円で買い取ります。うまく育てば、参加24名☓200円=4,400円の収益となり、彼らの活動原資に充ててよい考えです。もちろん、それまでに面倒をみなくてはなりませんが、主には熊レスが受け持って、たまには様子を見に来てほしいものです。そういう願いも込めて、IVUSAのキャベツ畑にしています。近々、簡単な看板を立ててるので、さてはて収穫できるか楽しみです。
c0010936_1154378.jpg
獣害杭の移動


赤大葉高菜も、けっこう大きく成長し、毎日のように様子を見ています。風が強い時などは、トンネルの不織布がめくれていないか心配ですし、土が乾いたときの水やりも必要です。基本的には、放おっておいて、元気に育つ野菜はありません。そういう農法もあるようですが、出荷することを第1義にしているので、さすがに面倒を見てやらねば、買取価格に差がでます。収益をだすことが、継続できるひとつであるので、赤大葉高菜も手探りの栽培です。
c0010936_1157056.jpg
耕うん


獣害杭の移動は、今後の栽培計画にとっても必須作業でした。休耕田にトラクターが入ったので、今度は水を張って水持ちを調査します。長らくの耕作放棄地ですので、畑になるのかは、水持ちがどうかにもよって決まります。夏以降、4回ほどの草刈りや手入れをしてきただけに、大きな期待をしています。畑になるのであれば、赤紫蘇を栽培する計画です。この赤紫蘇も、今年の倍の栽培を求められています。それだけに、熊レスだけでは対応しきれないのも課題です。だからこそ、IVUSAとともに取り組むことで、収益の一部を活動に充ててもらうことを提案しています。
c0010936_1155847.jpg
休耕田が畑になる日も近い


この赤紫蘇は、紀和町の小船の梅などを梅干しにするために使われます。熊レスもIVUSAも、小船には縁があるとこなので、赤紫蘇がその縁を繋ぐことになります。その小船にも、IVUSAの笑顔が必要です。地域資源を循環させ、人や物を上手に地産地消させるには、IVUSAの立ち位置が重要になってきます。そのときだけ、にならないように、継続できる術をともに考えていく必要があるのです。少なくとも、熊レスは立ち止まって考えることはあっても、立ち止まってしうわけには行きません。その気に、期待してくれる人たちと、そうさせてしまっている自分たちがいるからです。

■参考データ
 IVUSA 24名
 熊レス 理事2名、会員4名
 その他 2名+僕の娘

by kurage874 | 2013-12-24 11:59 |  熊野レストレーション
<< 【IVUSA&熊レスとの交流会... 【コミュニティカフェレストCR... >>