海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
高速道路効果
高速道路効果の話です。

とある日、思いつきで数人が集まりました。
c0010936_0223531.jpg
らーめんせっと


いままでなら、夕方に思いついて、尾鷲から熊野に移動するなんて想像だにしませんでした。しかし、18時に尾鷲を出たら、18時半には熊野についてしまう現実は、生活圏まで大きく変化をきたしそうです。事実、そうやって声かけをして、熊野市内で4人が集まりました。

このお店ははじめてでしたが、なんでも食べられる感じでした。らーめんが美味しいというので、試しに頼みました。普通に美味しかったです。ただ、尾鷲と比較すると、熊野の外食産業はちと値が張る感じがします。ここだけのことではありませんが、数百円増しって気がします。このへんも、今後はどうなっていくのだろうかと感じます。

ただ、外食チェーンの黒船が、どこでも同一格安価格で攻め立てることが、よいことだとは思いません。適切に適当に、無理をしない経営が、値段にあらわれていればいいだけのことです。高いか安いかは、個人で受け止め方が違いますしね。ただ、こういうことも、今後は高速道路効果で変わってくる気がします。それは、この地域にとっては、やがては大きな変革に繋がるかも知れません。

高速道路効果で言えば、津や松阪へも、気軽に出かけられるようになりました。夕方に尾鷲を出て、津で夕飯にすることは、日常のひとコマになりつつあります。いまの工事区間が繋がれば、もっとそういうことが起こるでしょう。そうなったときに、この地域の真価が問われると感じています。

地元に根を張りながら、内外に向けてなにをするのかを、けっこう急ぎ足で対応していく必要を感じます。そこに、公共や公共に近い役割がある気がしてなりません。重箱の隅をつつくのようなことでは、共倒れしそうな予感です。潰し合いをしていては、それこそ黒船の思う壺です。

まあ、それでも気づかないのであれば、仕方ないですけどね。

by kurage874 | 2013-12-26 00:51 |  東紀州漫遊記
<< ハスクバーナのコンビ缶、燃料ノ... サンタさんて、来るん? >>