海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
【飛鳥熊レス村】獣害柵の設置とイタチごっこ
日曜日、飛鳥熊レス村で作業をしました。

熊レス理事と、横浜から体験に来ていただいたHさんで、獣害柵の設置をしました。
c0010936_15375048.jpg
娘も手伝い


前回の作業で、休耕田の外側に、獣害柵を移動しましたが、ポールと網が不足して、それを延長する作業でした。シカとイノシシ除けですが、シカのフンがあちこちに落ちていました。山から川に降り、川岸から畑に上がって来るそうで、今年になって2回ほど、近くの網にひっかかっていたようです。食べるものはないんですけどね。
c0010936_15403029.jpg
高さは約2m


手際よく分担で作業し、Hさんも手慣れたものでした。網には細い針金が織り込まれていて、見た目よりも強度があります。シカの角で破られないのはこのためです。市に申請をすれば、金網タイプのモノが支給されますが、設置に手間と人手がかかるというので、こちらではこのタイプを設置しています。
c0010936_1543525.jpg
シカから見た図


午前中の作業で、無事に設置が完了しました。天気も回復し、午後からは赤大葉高菜の液肥やりをしましたが、僕は伯父さんの告別式があったので、午前中まででした。

本格的な農業をしているとは言えないかも知れませんが、地域で課題を共有し、生産性をあげたり、就農希望者を募ったりと、中山間地域の支援策を実践でもって手さぐりしている状態です。なかなか、希望者もいないのですが、助成金ありきで寄ってくるってのも困るし、農業1本で生活できますよってことも言えないので、狭間で苦悩もしています。僕や仲間が熊レスとして携わることは、あくまで支援者としての立場で的確だと考えているので、あきらめずにいこうと思います。

獣害柵で言えば、どんなに強固に設置をしても、やがてはほころび、腐り、隙間からの侵入を許してしまいます。シカなどは、飛び越えることもあるし、イノシシは掘り返して侵入もします。イタチごっこではありますが、根本の里山保全を並行すれば、防げるとも感じています。緩衝帯をつくれるように、地域との連携も進めていきます。田舎ほど、山と住まいと畑が近すぎます。

by kurage874 | 2014-01-27 15:51 |  熊野レストレーション
<< 日替わりコックさんの魅力をどう... 避難生活で被害を拡大しないため... >>