海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
キタガワマーケット、一時休止しまーす
昨日は、30回目のキタガワマーケットでした。

隔月開催から、毎月開催に変わりましたが、30回の節目で一時休止します。休止の理由は、イベントを受け入れるスタッフがいないからです。でも、これほどゆるく長居のできるイベントはなかったようにも感じています。そして、だれもがボランティアスタッフとして、やろうと思えばなんでもできるイベントでもありました。
c0010936_0103430.jpg


また、定期的に出店くださる店舗さんが、大台町から紀宝町まで8店舗くらいありました。たまに出てくれる方もいるし、昼までとか、15時までとか、とくにこちらも気にせずに、9時半~16時までの間の営業というラフさも出店しやすかったようです。お客さん本意ではないとも言われそうですが、出店者が楽しくなければ、元も子もないのです。

さらに、ワークショップや企画モノの開催も多彩で、音楽あり、演奏あり、ボルダリングあり、餅つきありなど、ここを利用したい人に合わせてイベントが動いていました。この地域の手仕事を体験する手前味噌づくり教室やガーデニング教室は、大変な人気講座でもありました。二瓶窯(石窯)を使ってのパン教室なども、要望も多かったな~

かと言って、スタッフの仕事は息切れするものではなく、なにせ出店者やワークショップの主宰者が進めてくれるので、それほど苦労することもなく、終わればさーって帰っていけるイベントでもありました。これは、僕が特にそれを意識していて、イベント終われば宴で気晴らしってのが苦手でもあるし、そうそう毎月しよると疲れるので、声が集まればやる程度ってのも、キタガワマーケットならではでした。

ほんと、なんとなくも人が集まる仕組みになっていたし、遠くは名古屋や那智勝浦からも、常連的に来てくれていました。なんか、こっちが気を使うことがあるくらい、人が集まったときもありましたが。毎月200人もくればいいイベントを目指していました。その代わりに、長居してあちこちで思いのままの時間を過ごしていた人も多かったです。そう言うイベントは、一過性でないので、僕が目指していた通りになっていました。

でも、もったいないですけど、人がいないので仕方がありません。30回というと、前身の大同楽座楽市が、毎月開催で43回目に終市したので、これには及ばなかったことが悔やまれます。まあ、人がいれば、またブワーって集まってくると思います。「いつでも、声かけてい」って出店者さんからの言葉は、とても嬉しく感じました。「ほっといてもやれるんじゃない」って言うてくれた常連さんにも、その慰めが嬉しかったです。

無くなれば、それまでです。そうやって、廃れるんだと思います。ブツブツ文句ばかり言うたり、対岸から嫌味しか言わないって人もいるやろけど、ここに居合わせた人たちは、そんなことを気にすることもなく、お客さんと話をすると楽しいからとか、もちろんその反対もやし、ここに集まってくる人たちに会えるからってくらいのゆるさは、ほかにはあんまりなかったと思います。

片付けなんかは、居残った人たちでササーッてやってくれるのもありがたかったです。準備のために、朝早く来てくれる人もいました。もうちいと、こういう仕組みに、公的なところも着目してほしかったなあって気もします。と言うか、こういうイベントは、民間ならではの取り組みだと感じるし、月に1度だけど、この地域で居場所があるって大事なことだと思わなかったのかなあ…

キタガワマーケットだけでも、回していきたいって人がいれば、お気軽にご相談ください。そのためだけのボランティアスタッフとして、ノウハウを教えますよ。どうぞお好きなように、もっと面白いイベントに変えてもらってもかまいません。大事なことは、毎月第3日曜日に開催することと、出店料をきちんといただくことです。

さて、来月からは、月に一度の200人はどうするんやろな…

by kurage874 | 2014-02-17 00:34 |  キタガワノホトリ
<< 【里山保全事業】【DRT事業】... 【森林里山保全事業】紀宝町の里... >>