海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
【里山保全事業】【DRT事業】里山整備と災害チェンソー講座
あちこちの雪害は、災害でもあるんですよね。

さて、三重県南部も雪の影響があり、混乱が土曜日まで続きました。大雪警報が県南に出たのも初めてで、いまはもう大丈夫ですが、道路の寸断や渋滞もあちこちでした。そして、この週末の講座にも影響しました。
c0010936_1254432.jpg
チェンソーの始動と構造


災害チェンソー講座は、学生ボランティア対象に開催しました。土曜日の朝に、キタガワノホトリへ集合したのですが、これも予定変更の対応でした。この時点では、紀勢道が松阪ICより以南で通行止めだったのです。また、国道42号線も、深夜まで渋滞や立ち往生が続いていたので、たどりつくまでひと苦労でした。講師をする予定の熊レス会員も、雪の影響でたどり着けませんでした。
c0010936_1291796.jpg
目立ての仕方


災害チェンソーとは、災害時に使用するチェンソーのことで、流木や倒木、家屋の解体などで使用します。森に入って木を切る伐木ではなく、災害対応できるチェンソーの講座は、三重県では熊野レストレーションしかやっていません。これまで多くの現場で経験してきたことを、講座として受講できるようにしています。もちろん、チェンソーの構造や始動、終了、メンテナンスなど、最低限必要な内容もやりますし、なによりも、安全に使うということを最優先しています。
c0010936_12163029.jpg
現場での伐木への理解


午後からは、天候も回復してきたので、紀宝町の里山まで移動しました。キタガワノホトリから小一時間ですが、さすがに北方斜面なので、日の陰りが早かったです。伐木の方法や、玉切りなどを講習しましたが、学生ボランティアたちの食いつきようがよかったです。災害時には、災害ボランティアとして活動もしている学生たちだったので、こうしてテクニカルサポートができるようになれば、災害時の支援の仕方に幅が広がります。
c0010936_1320448.jpg
交流会も開催


講習会の終了後は、食事を囲みながらの交流会になりました。災害時に動くということは、誰しもできることではないので、それを効率的に動けるようになるのは、経験も実践も、少しの勇気もいることです。もちろん、できることをできる範囲でやることに尽きるのですが、それを越えていくこともできるようになります。交流会には、テクニカルサポートを主体とした災害ボランティアの友人2人にも参加してもらい、より有意義な時間になりました。熊野レストレーションとしても、災害時の動き方を系統だってできるようにしたいので、その連携先としても、学生ボランティアや災害ボランティアの仲間が必要です。
c0010936_13341413.jpg
翌日は実地


日曜日は、朝からよく晴れて、昨日の現場に直行しました。この日の実地は、里山整備も兼ねているので、緩衝帯をつくる必要性を説明しながら、風倒木の処理方法をレクチャーしました。伐りたい対象物があっても、その周りの竹が邪魔になるので、伐木の前にすることの方が多いです。また、伐った竹や杉の木は、整然と並べる必要があるので、放り投げてオシマイではありません。一連の作業は、災害時での動き方と非常に似通っている部分もあるので、この現場はとても理解させやすいと感じています。休憩を入れながら、3人チームを組んで作業は続きました。
c0010936_1353310.jpg
竹は厄介


学生ボランティアによる伐木も、この日は腰が入っていて、見ていて安心感がありました。興味関心がないと、チェンソーなんて手にすることはないので、それを安全に使えるようになり、かつ災害時で有益に機能させるには、継続した使用で経験を積んでいく必要があります。ホームセンターでも買えるチェンソーですが、安全に使うというのは、こうした講習などでしか学ぶことができません。自治会の防災倉庫などにも、チェンソーが収まっていることがあるでしょうが、ぜひとも声をおかけいただければ、熊野レストレーションが講習させていただきます。

学生ボランティアによる伐倒


c0010936_14131583.jpg
今回の参加者


c0010936_14134650.jpg
メンテナンスもしっかりと


今後も、学生ボランティアたちとの勉強の場を設けることを確認し、チェンソーの理解を普及させたいと考えています。とくに、災害時には必須な資機材であるので、クリアしていくべき課題も多いです。

by kurage874 | 2014-02-17 14:15 |  熊野レストレーション
<< カレースパイスで元気になる? キタガワマーケット、一時休止しまーす >>