海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
【DRT事業】【中山間支援事業】清水寺(観音道)の解体撤去作業
世界遺産の保全て、行政や公共が主導するものではありません。

その地域に住まうものが、責任をもって保全していくのです。もちろん、ここに公的支援があってもいいですし、そこから協働が生まれるはずです。今回、地元住民、熊野古道を愛する方々、学生ボランティア、東紀州コミュニティデザインが呼びかけた人たち、そして熊野レストレーションらが参画して、今後の可能性を見いだせそうなイベントを実施しました。残念ながら、県をはじめとする公的機関からの参加や問い合わせもなく、世界遺産登録10周年を迎えるわりには、大事なことが見えていないのでは?とも感じました。また、もっと多くの民間団体にも参加して欲しかった…

これまでの10年、これから10年も30年も、紀伊山地の霊場と参詣道は、3県にまたがる地域住民と、この地域を愛する人たちで、守り受け継がれていくには違いありません。それは、なにも世界遺産登録されたからではななく、これまでも、脈々とそうであっただけのことです。僕たちは、どこにでも、声がかかれば参上します。そして、なにができるのかを考え、一緒になって活動していきます。垣根や境目を超えていけるのが、僕らの特筆すべきところです。
c0010936_1124084.jpg
まずは、大人だけで…


学生ボランティアの到着が11時半過ぎでしたので、その間の2時間は、次々に運びだされる材の切断に集中しました。なにせ、手際のすこぶる良い地元の皆さんですので、見る見るうちに整理されていきました。とくに指示もないのに、自然に役割分担ができていて、流れ作業になっていました。また、現職の熊野市議2名が参加していたことも、肩書での参加ではないにしても、嬉しい事でした。こういうことって大事だと感じました。
c0010936_118054.jpg
廃材は自然に返します


c0010936_1185069.jpg
IVUSA登場!


ようやく、待ちに待ったIVUSAが、熊レスの2次隊とやって来ると、僕はチェンソー作業を2次隊に譲り、IVUSAの学生ボランティアも、バリバリと作業をこなしました。やはり、若い力は、作業量の豊富さもありますが、いるだけで大人の笑顔を引き出します。また、彼らのスバラシイところは、積極的に会話をするので、打ち解ける手段を持っていることです。今回の遠征には、4回生と1回生のみ20名でしたが、4回生の手慣れた作業と現場の雰囲気作りは、1回生も盗むべきIVUSAらしさだと感じました。
c0010936_11171922.jpg
現場はいい雰囲気


見晴らしを確保するために、高所伐採で汗びっしょりの僕は、やっとこさの昼休憩でした。1時間の登山をして現場に来ているので、なまった体が情けなかったです。高所伐採の方は、まだ半分もって感じですので、次回に繰り越し作業となりました(仲間がほしい…)。しかし、ここがもう少し見晴らし良くなると、松本峠も、七里御浜も見下ろせる絶景ポイントになります。ちょうど、ご神体でもある岩座が、海に向かって口を開けているさまも、神秘的に感じることができます。
c0010936_11235950.jpg
胴回り1mくらいの樹木


午後からは、雨も気にしながらの作業にはなりましたが、無事に完全撤去が実現しました。ここまでできるとは思わなかったので、今回の世話人をしていただいた向井さんも喜んでくれました。やはり、IVUSAの行動力にも脱帽です。現場の雰囲気作りができていたので、気持ちがひとつになった結果だと感じています。キレイになったことで、ご神体も拝めるようになり、「ここに観音様を置いて、小さな祠が納まっていればスバラシイね」って話も聞こえてきました。
c0010936_1130432.jpg
どギレイに


c0010936_11304844.jpg
記念撮影


終了間際に雨になり、ずぶ濡れになる前に撤収できました。予定時間よりも早く終わったので、宿泊先となる湯の口温泉には、けっこうゆったりと浸かることができました。

熊野古道の整備や保全は、今後も各地で出てくるでしょう。そこに、多様な主体で関わっていくことは、これからの10年に向けて、まずは必要なことになりそうだと感じています。どの古道にも、地元を中心とした保存会や、長らく保全してきた住民の皆さんがいます。一方で、高齢化と跡継ぎのいないことに困っている現実もあるでしょう。そこに、僕たちのような参画は、打開案の一つだと考えています。IVUSAとしての考えは把握できませんが、熊野に関わってくれるということは、少なくとも世界遺産である熊野古道もセットにしてほしいと感じています。景観や環境が守られてこそ、その精神性を認めれた世界遺産です。ここにも、学生の力が必要なはずです。

まずは、参加された皆さま、どうもありがとうございました。

by kurage874 | 2014-03-04 11:39 |  熊野レストレーション
<< 【中山間支援事業】小船梅まつり... 1日入所で緊張する?した? >>