海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
【中山間支援事業】小船梅まつりのイベントボランティア
生憎の雨になりました。

しかし、地域の向かう先が深刻ななかで、なにができるのかを、小船からは学べます。そして、最後は地域がどうしていきたいのかが、重要だとも感じます。それによって、応える側ができることもあると信じています。そのキャッチボールを、2011年の災害以来、小船としてきました。僕らの関わりは、まだはじまったばかりですが、ここにも学生の持てる力が、必要なはずです。そして、橋渡しをする、繋ぐ力です。
c0010936_12123145.jpg
会場内


今回も、駐車場係を中心に、会場案内や誘導などを、学生ボランティアのIVUSAとしました。駐車場係は、お客さんがもっとも気にする部分なので、はやる気持ちを壊さずに、スムーズに誘導することが重要です。また、小船区長である新宅さんからの言葉にもあったように、「会場内での挨拶」が、その架け橋になってきます。挨拶されて、気分が悪くなる人はそうはいません。たとえば、「ようこそ梅まつりへ」と言う言葉がもたらす小船へのイメージは、悪くなるはずがありません。
c0010936_121805.jpg
サンマ寿司~♪


役割を与えられるということも大事ですが、なにができるのかを考え、気づかないことに気づいてやれることが、こういったイベントボランティアには必要となってきます。決められたこと以外にも、やるべきことはたくさんあって、この気づきを養うことができる良い現場だと感じています。今回、僕は初めて当日ずっと現場にいられたので、娘とともに楽しむ側でした。娘を見ていると、誰彼となく人に笑顔で接しています。これが大人にもできるようになるのは、本当は難しいことです。大人には、変な知恵がついているからですが、娘を見て学ぶこともたくさんあります。
c0010936_12235585.jpg
そして、元気に食べる


また、役割としてはなかったことでも、さり気なくできることはありました。IVUSAの女子学生を捕まえてやった、公共トイレの掃除もそのひとつです。学生の誰かが、「ごみは分別しますか?どこに捨てますか」なんて話していたけれど、僕ならば、そういった立札を即興でつくってPRしたでしょう。いまの学生が苦手なことは、この気づきだと感じていますが、この気配りがあって、イベントが与える印象はけっこう違ってくるものです。どれだけ気づき、どれだけ気配りできたかは、もう少しひねれるはずだと、学生を見ていて感じたところです。
c0010936_12284912.jpg
矢渕中のブラスバンド


しかし、学生の視点にもスバラシイところがあります。雨が強くなってきたなかで、演奏をしていた矢渕中の生徒見て、今回のリーダーである知英が「傘をさしたらいけませんかね?」と聞いてきました。さすがに、この写真の状況では、雰囲気を気にして止めましたが、その機会はすぐにやってきました。
c0010936_12313996.jpg
花は咲くの合奏


この合奏をする生徒の後ろには、次々に傘が花が開きました。IVUSAの生徒がきっかけで、お客さんも駆けつけてくれました。東日本大震災の復興支援を願う歌だからこそ、人と人との繋がりや、助け合うことが大事な場面を、IVUSAの彼らは率先して魅せてくれました。こういったことができるのが、まさに学生だなと感じたところです。このとき、会場内がひとつに包まれた雰囲気でいっぱいになりました。
c0010936_12374270.jpg
記念撮影


雨の梅まつりになりましたが、この手づくりのまつりは、今後もずっと続いてほしいと感じました。IVUSAの学生にできることは、まだまだたくさんあるとも感じました。また、彼らを必要としているので、継続的な関わりも考えてやって欲しいものです。復活した餅まきで、無事に終了しましたが、3分半も続いた餅まきになりました。

餅まき



by kurage874 | 2014-03-04 12:41 |  熊野レストレーション
<< 【飛鳥熊レス村】2日連チャンで... 【DRT事業】【中山間支援事業... >>