海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
【飛鳥熊レス村】2日連チャンで畑作業→端無家ヒロウコンパイの巻
昨日、今日と、土に触れた2日間でした。

僕にとっては、4日間連続の活動で、体がフワフワしとります…
c0010936_22363512.jpg
見事に成長


朝から集合して、出荷する予定でしたが、飛鳥たかな生産組合に問い合わせると、「出荷は、月水土の3日間、朝9時までに搬入、もしくは前日の夜までに」とのことでした…植え付けの時期が遅れたので、収穫のことは後回しになっていました。また、収穫用のコンテナのことも、この日に初めて耳にして、急ぎ足を運んで確認してきました。
c0010936_22385163.jpg
赤紫蘇の種まき


収穫が明日になったので、赤紫蘇の種まきをしました。いよいよ、今年も赤紫蘇の栽培がはじまります。今年は、昨年の倍の作付をする計画なので、休耕田も新たに借り上げています。小さな種を蒔きましたが、これを移植しつつ定植するのは、5月の連休あたりになります。それまでには、新規就農者も欲しいところです。赤大葉高菜と赤紫蘇の栽培が軌道になれば、まずは飛鳥熊レス村での農業のサイクルが出来上がります。
c0010936_2243353.jpg
娘も手伝い


娘も保育園をズルして、畑で走り回っていました。モグラの死がいを見つけたと大声をあげ、種まきするとバラマキ、泥団子に数珠玉取りと、自分で遊びを見つけては、見る見るうちに泥んこになっていました。大人の世界にいることが多い娘ですが、自然で遊べる達人にはなっています。ちょっと前に、野良犬の話をしていたので、「とーちゃん、のらとりっておるん?あれはそう?」と、トンビを見つけて言っていました。
c0010936_22471518.jpg
有機石灰を撒いて耕うん


3枚目の畑も、いよいよ耕うんしました。土はフカフカで、あとはどれだけ”土に力”があるかです。ちょうど、先輩農家のオジさんが覗きに来て、「これだけ耕うんしておいたら準備できるやろの」ってお褒めをいただきました。また、新たな休耕田の方も、4枚全ての耕うんしました。次回は、有機石灰を撒いて耕うんします。手間がかかる農業ですが、手間を惜しむことなく手を加えると、赤大葉高菜のようにちゃんと応えてくれると感じています。
c0010936_22522213.jpg
夏なれば赤紫蘇が…


c0010936_22531873.jpg
休耕田も耕うん


月曜日の作業はここまででしたが、赤大葉高菜の下葉かきは、腰をかがめてするしかないので、僕は途中でトラクターに逃げました…大泊での作業の筋肉痛が収まっておらず、体中がバキバキでした。地道な作業ですが、明日の出荷に向けての準備が終わる頃には、日が暮れ始めていました。明日は、午後からの作業とし、参加者たちで夕飯と、お風呂に行きました。きよもん湯まで足を伸ばし、ちょっとはリフレッシュしてきました。
c0010936_22541029.jpg
見事!


そして、今日は天気を心配しながら、午後から収穫しました。熊レス関係者の4人で作業をして、コンテナ13個分の赤大葉高菜を収穫しました。このうち、単価が高い1等葉は8個で、3等葉は5個でした。コンテナは約5キロの重さがあって、コンテナ自体が2キロの重さなので、ざっと39キロの収穫でした。ここから皮算用すると、約9千円くらいの収入が得られる計算になりました。数字だけみると、とても農業だけで生活できるのかと、不安だらけになってしまいます。「作るのもボランティアやでのう」って先輩農家さんの言葉が現実的です…
c0010936_2313613.jpg
青が1等葉、右が3等葉


c0010936_2323619.jpg
なにげに、明日の最多出荷を記録しそう?


赤大葉高菜の栽培は、飛鳥たかな生産組合が、買い付けと栽培の指導をしてくれています。母方の伯父さんたちが立ち上げた組合で、めはり寿司の材料となる高菜の需要は伸びています。しかし、作り手が高齢化し、また基準が厳格であることもあって、生産してもやめてしまう農家さんが多いと聞きました。確かに、赤紫蘇よりも手間がかかる栽培ですし、単価的には高いと言っても、人件費をまかなえるほどの栽培は不可能です。飛鳥や五郷、育生など、熊野でも高地で栽培したものが美味しいとされ、寒暖の差や霜が降りることで、肉厚の葉になるとも言われています。

熊野レストレーションでは、新規就農者を募集しながら、熊野市ともタイアップして、安定した栽培と収穫をバックアップしていく考えですが、生半可なことでは専業農家では成立しないと感じています。かと言って、自給自足をはじめとする農業のあり方は、この地域では外すことのできない産業でもあります。赤大葉高菜や赤紫蘇を作りながら、水稲農業も兼業でやっていくことで、年中農業に従事することは可能となります。しかし、1人でやるには労働力が多くなり、現実的には無理だとも感じます。そこに、熊野レストレーションのバックアップがあるのですが、農業体験なども利活用しながら、興味関心を導く仕掛けも必要だと考えています。

飛鳥熊レス村は、ウンチクだけたれずに実践する場として、日々追求と努力をしている現場になります。お陰でというか、2日間続けて作業したオトンとオカンも、さすがにへたばっていました。まさに、親の脛をかじる身として恥ずかしい気もしますが、僕もさすがにヒロウコンパイです。でも、清々しいことも確かです。

ぜひ、一緒に土に触れてみませんか?

by kurage874 | 2014-03-04 23:13 |  熊野レストレーション
<< 尾鷲ごはんはメヒカリ 【中山間支援事業】小船梅まつり... >>