海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
【飛鳥熊レス村】2回目の収穫
昨日、午後から2回目の収穫をしました。

僕は、眼精疲労から来る頭痛のなかでしたが、皆さんのお陰で収穫し終えました。しかしねえ、この眼精疲労、原因はパソコン作業だと思うんだけど、だからといってやらないと仕事が進まないのよねえ。なんにでも集中しすぎるので、瞬きしないってのも悪いらしい…
c0010936_10345110.jpg
中腰の作業が多い…


1等葉と3等葉がどっこいどっこいで、コンテナ6箱になりました。そのうち、2等葉が1箱だったので、1等葉2箱、3等葉3箱でした。深紫色の色合いが出てきましたが、葉が大きくなるのは、来週中かなって感じです。なかなか、難しいものです。
c0010936_10405268.jpg
選別中


選別は、規格の等葉を調べるダンボールに葉をあてながらするのですが、2人で確認するようにしました。目分量でもわかってきますが、この手間がちゃんとした選別になります。あまり間違いが多いと、納品先の信用がなくなりますので、利益をどこで出すかなんてのは、結局は二の次になってしまいます。四苦八苦しながら、手探りでやっていますが、苦痛というよりは考えさせられます。
c0010936_1043146.jpg
娘もテンゴ中


そういえば、この日は東日本大震災から3年目で、未だに日常復帰できていない人たちを思いながら、3回目の同じ時を娘と過ごしました。できるかぎり、この日は娘と一緒にいたいと考えているので、ちょうどその時間は、移動中の車を止めて黙祷しました。「もくとうってなんなん?」て聞く娘に説明すると、娘もそれらしくやっていました。こうしていられるのも、命があるからです。また、飛鳥熊レス村で農業をするなんてことも、3年前には想像だにしていませんでした。しかし、自給自足とか、資源循環とかを、実践することで考えるきっかけとなったのは、言うまでもありません。今後は、自活して生きていけるまでになりたいと考えています。

僕たちは、農業には素人ですが、それぞれの思いを持ちながら、飛鳥熊レス村の行く末を見つめています。それは、まさに中山間支援を実践しながらの、実証実験のようでもあります。

by kurage874 | 2014-03-12 10:49 |  熊野レストレーション
<< 生きていく術を見つけるには 醤って読めるかな? >>