海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
【親バカ視点】友人の披露宴に出席、年々か後の娘と重なる…
先だっての日曜日、友人の披露宴に行ってきました。

娘も一緒で、初めてのイベント参加に戸惑っていました。「とーちゃん、きんちょーしてきた」とは、披露宴会場に入ったときの娘の言葉です。たまに、こっちがドキッとすること言うので、オトンは目を白黒させます。
c0010936_18384224.jpg
おめかしも初めて


新郎新婦は、とも尾鷲で知り合った友人です。カフエクリーム繋がりで、owasebonやイベントボランティアなどっでいっしょに楽しんできた仲です。その繋がりで、ある年の熊野大花火にみんなで行き、やがて意識し合うようになったようで、飛鳥での山茶摘みへ一緒に来たので、オヤッと思いました。その後、大井谷のホタルも一緒だったので、なるほどと確信したところです。
c0010936_18463369.jpg
超ゴキゲン


c0010936_18511970.jpg
もうね、超ゴキゲン


披露宴は、本当に素晴らしい宴でした。雰囲気には格調があり、壇上に上がる誰しもの言葉にも感動しました。まさに、新郎新婦の人柄が大いに出ていました。そして、普段は口にできないような豪華な料理が、娘も食べきれないくらいに出てきました。また、涙もろい新郎で、最後になるにつれて、会場の涙を誘っていました。
c0010936_1904241.jpg
嶋田百々子さんの歌も披露


友人代表のイベントに、嶋田百々子さんのミニステージがありました。ギターの伴奏も素晴らしく、アンコールもでて盛り上がりました。新郎新婦に捧げる歌の選曲もよく、こういう演出はいいなあと感じました。娘も手拍子をしたり、歌に合わせてハミングしたりと、会場が一体感に包まれました。
c0010936_19124922.jpg
記念撮影


最後に、新婦が感謝の辞を述べた件が素晴らしく、新郎の博識もそうですが、惜しい人材をこの地域から出してしまったと感じました。なんでも、伊勢に在住するそうですが、文化歴史的にも精通している二人でしたので、僕としてはその悔しさが残りました。ぜひ、今後もこの地域に関わってほしいと感じています。

それにしても、娘の将来と重ねる宴でもありました。

まだまだ先でしょうが、こうなる日が来るのでしょうね。嬉しい気持ちですが、さすがに複雑なんだろうなとも思いました。ただし、いい人に巡り会えて、その縁がさらに幸せを引き寄せるのをこうして目の当たりにすると、やはり世帯を持つとか、家族とか、やっぱりいいなと感じたところです。

ん?オトンは、そのときは泣きませんよ(T_T)

by kurage874 | 2014-03-17 19:19 |  さらさに贈る言葉
<< 21時間営業と24時間営業 明日明後日のキタガワノホトリ >>