海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
【飛鳥熊レス村】赤大葉高菜、5回目の出荷作業
ツリーイングの準備のあと、今度は飛鳥熊レス村へ…

すでに、朝から赤大葉高菜の出荷作業はやっていて、葉の選別に加わりました。けっこう厳しく選別するので、皆でヤイヤイ言いながらやっています。しかし、ここまでどっぷりやるとは思わなかったので、大変さや苦労は身にしみてわかるようになりました。もちろん、楽しみや楽しさもですけどね。
c0010936_265588.jpg
葉の状態はいい


この日は、家族と親戚と熊レス会員で作業し、刈り取り2人、選別3-4人って感じでした。すでに5回目の出荷作業なので、手慣れたものですが、ほかの先輩農家では、ここまでの人員はいません。夫婦でやっているとか、多くて3人くらいまでと聞いています。なので、人件費のでない、現物支給のボランティアなので、これが農業とは言いがたいとは感じています。
c0010936_2103883.jpg
1等葉が多くなってきた


葉の状態がよく、1等葉がようけ出ているのは嬉しい事で、キロ単価が1等と3等ではまったく違います。素人農業なので、手探りと先輩農家さんのアドバイスを聞きまくりましたが、あらためて農業は大変だと感じています。しかし、生計を赤大葉高菜だけでは立ち行きませんが、赤紫蘇と水稲が並行できるのであれば、熊野レストレーションのボランティアに助けてもらいながら、どうにかこうにかできるかもしれないとは話しています。
c0010936_2143227.jpg
次の収穫も必要だ


この日は、日暮れまで作業をして、どっぷり疲れて出荷してきました。僕よりも作業量が多く、歳も上の両親や親戚には頭が上がりませんが、毎回のように手伝ってくるのでここまでやってこれています。専属スタッフはいまなお募集中ですが、農家民宿などとの連携も模索できれば、もう少し展望も開けるとも話しています。また、農家民宿自体も、落ち着けば検討していきたいと考えています。

楽しくなければ、やっても意味無いですし、他にも勧められないですしね。なお、次回の出荷作業は、8日(火)の13時からです。この時期は、とくに今年は忙しくなっているので、よろしくお願いします。

by kurage874 | 2014-04-07 02:19 |  熊野レストレーション
<< 金曜日と日曜日のランチ 【森林レクリエーション事業】ツ... >>