海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
【飛鳥熊レス村】赤大葉高菜、最後の出荷と、赤紫蘇栽培の準備
飛鳥熊レス村は、栽培物の転換期です。

中山間地域の可能性を探るため、喧々諤々しながら畑仕事をやっています。いろいろとありますが、ひとつ言えることは、休耕田が解消され、利益を生むための試行錯誤がはじまっています。素人ながらに感じることは、「農業は難しい。しかし、可能性はなくもない」です。いまは、ここまで。
c0010936_3213940.jpg
マルチ張りの機械


c0010936_3222358.jpg
九州からの助っ人


c0010936_3224619.jpg
若者たちの二人三脚


土曜日から作業をしていて、熊レス理事が総出で汗をかきました。それぞれがなにかしらの日常があるので、空いた時間をやりくりしながら、半農でもない3分の1農、4分の1農です。助っ人にもまさに助けてもらいつつ、理事や会員でなんとか”ノウギョウ”をやっています。しかし、周りを見渡すと、いつも飛鳥熊レス村で作業をしている人間の数だけは多いです。これって実は、大きな可能性のひとつです。
c0010936_338495.jpg
なんとか形に


それと、参加している人たちが多様です。そして、実は、農業大好きって人はいないかも知れません。僕自身も、趣味程度のノウギョウは好きですが、ここまで規模が大きくなると、農業が日課に近い”仕事”になっています。この休耕田も、ここまでみんなで形にしてきましたが、思い起こせば、夏からの数度の草刈りや、石をひらいながらの開墾など、やっとこさここまで来たと感慨深いです。突き詰めれば、好きだからできるのですが、時間の合間を縫って、本当に皆さん必至です。
c0010936_353657.jpg
昨年の8月


日曜日の作業で、赤紫蘇用のマルチ張りが終わり、5月3・4日の定植イベントにはどうにか間に合いそうです。このイベントも、僕自身の選挙があって仲間たちに任せっきりですが、広報など急ぎしないとなりません。
c0010936_355837.jpg
赤大葉高菜も残りこれだけ


赤大葉高菜も、朝から地元の助っ人さんに手伝っていただき、今季の出荷作業を無事に終えました。最後は、日が暮れてしまいましたが、初めて挑戦した赤大葉高菜の栽培は、専従者を募りながらでしたが、7回の出荷作業のほとんどを、地元の助っ人にたよる結果となりました。地元の特産品を栽培するという、よい経験をしましたが、利益率は赤紫蘇の方が上で、栽培にかかる手間も赤紫蘇にはかないません。しかし、農薬の類を一切使用することなく、指定された有機液肥でやってきたのは自慢していいと言われました。
c0010936_359234.jpg
株抜き


残りの作業といえば、赤大葉高菜の株抜きをやっています。昨日は、日暮れまで1列だけ抜きましたが、全ての株を抜いて、ここに赤紫蘇を定植する予定です。連作が心配ですが、それもやってみないとわかりません。なんとなく、土作りが大事なことは理解できますが、赤紫蘇と赤大葉高菜の栽培でサイクルができるのであれば、それも可能性の一つとなるはずです。

まずは、参加していただいた皆さま、大変にありがとうございました。また、次のイベントもよろしくお願いします。

by kurage874 | 2014-04-28 04:01 |  熊野レストレーション
<< 熊野でランチ 吊り橋を車で渡る >>