海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
【飛鳥熊レス村】IVUSAと赤紫蘇の苗を植える
今日はシトシト降って寒かった…

先週末、良い天気にも恵まれました。
c0010936_23131366.jpg
3日(土)の11時前に到着


朝7時頃には京都駅を出発し、マイクロバスをレンタルしてやってきました。22名の精鋭たちは、NPO法人国際ボランティア学生協会(IVUSA、いびゅーさ)所属の学生ボランティアです。災害支援でも有名ですし、国内にとどまらず、海外でも支援活動を継続しています。おそらく、国内の学生ボランティアでは、その規模は最大です。
c0010936_23274551.jpg
ひたすら植える


種から育てた苗を定植するだけの作業ですが、ここに来るまでの準備も大変でした。また、イベントにして定植してからも、水やりや液肥やりなどの作業が待ち受けています。植物は、まさに生き物ですので、愛情もかけてやらねばなりません。なによりも、関わる人たちの思いをどう成就させるかにも一喜一憂します。
c0010936_23545990.jpg
爽快な風景


しかし、これだけのスタッフが、ボランティアとして畑作業している風景は、この時期の飛鳥町でもここだけだと思います。それはきっと、中山間地域の支援について、一石を投じることだと感じてもいます。熊野レストレーションもIVUSAも、なにも飛鳥熊レス村だけをターゲットにしていないので、ぜひほかの地域でも声をかけて欲しいし、相談に乗らせてもらいます。
c0010936_2358870.jpg
今年は栽培面積も拡大


目標は3トンの収穫量ですが、それもこれも人の力でどこまで育ってくれるかです。もちろん、植物自身の力も必要ですが、面倒見て左右させることも大事です。また、収穫までにも、水やりや雑草処理などやらねばなりません。しかも、そこを乗り切っていく知恵が、中山間地域には求められてもいます。ここが、熊野レストレーションの出番ですし、学生の力としてIVUSAが必要です。
c0010936_03040.jpg
飛鳥熊レス村流水やり


植えたあとの水やりは、こうして用水路から半ば水没させます。用水路が張り巡らされていることも、ここでの栽培には非常に都合が良いです。ほどなく水も引いていくので、あとの心配もいりません。ただし、全部の畝間に水を行き渡らすには、畝間をならすなどの人の力も必要です。

2日間で、予定していた場所に定植が完了し、あとは苗が大きくなってから、再度定植するだけとなりました。さて、今年の赤紫蘇ですが、祈るような気持ちで収穫まで面倒を見ていかなくてはなりません。

■あなたも、こんな熊レスの会員になりませんか?
 http://ws.formzu.net/fgen/S71901247/

by kurage874 | 2014-05-05 23:59 |  熊野レストレーション
<< IVUSAと海岸清掃、そして熊... 【飛鳥熊レス村】農業体験イベン... >>