海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
IVUSAと海岸清掃、そして熊野古道松本峠を半分制覇する
先週末の話ですみません。

学生ボランティアのIVUSAが、飛鳥熊レス村での作業に没頭してくれたので、予定より早くに赤紫蘇の定植が終わりました。それと、現時点で植える苗もなくなりました。あとは大きくなってからになります。
c0010936_113731.jpg
昼弁当中


それではと、大泊海水浴場へ昼弁当持って出かけました。もちろん、理由もあるからで、昼弁当食べるときに、ここに来た理由を説明しました。数日前より、ここで海亀の産卵をサポートしているWさんが、ひとりで漂着ゴミの清掃をしていたからです。国道から見えた日があったので、それではと計画していました。
c0010936_1143334.jpg
さて、やりますか


サクッと粗ゴミを集めて、何ごともなかったようにあとにしました。これからは、Wさんともコンタクトがとれるようにして、定期的に交流ができればと感じました。この砂浜をこよなく愛するWさんがいたからこそ、ここでの活動を継続していることもあるからです。
c0010936_117407.jpg
また今度


清掃後は、宮川上流のマコモ畑に行って、飛鳥熊レス村に移植するマコモを掘ってきました。日本古来のマコモを試験栽培することで、さらに可能性を見つけていこうと考えています。
c0010936_1245685.jpg
地下茎で繋がっている


c0010936_1262486.jpg
松本峠入り口


サクッと作業したあとは、松本峠を越えることになりました。滞在時間ギリギリまで、熊野を満喫するイベントになりました。しかし、作業したあとの峠登りは、さすがに足腰に来ました。
c0010936_1281857.jpg
この場所が好き


松本峠でのお気に入りはここです。石垣を積んで石畳にしています。先人の苦労と知恵が凝縮されています。しかし、この先に、ビオトープがありましたが、いまは見る影もございません。当時は、俳優までやってきてTVにもなりましたが、いまは荒れ地で情けないほどになっています。管理できないなら、やらないことです。でも、管理する体制があるならば、いつでもお手伝いはできます。でも、ここをビオトープって無理がありました。
c0010936_1312314.jpg
峠から展望台へ


ポスターデザインにもなっている場所ですが、正直言って荒れています。東屋の避雷針は落ちたままで、植生を考えない植樹も伸び放題です。ここにも、手を入れた以上は管理が必要でしょうね。いつでも、声がかかれば検討しますよー
c0010936_133453.jpg
ここからの景色もいいね


時間の関係で、峠を下らずに、鬼ヶ城センターの方へショートカットしました。ここは世界遺産ではありませんが、道は荒れ放題で、鬼ヶ城センターから上っている観光客には、あの服装と靴では無理でしょって若者が目立ちました。景色は素晴らしいので、遊歩道として整備しなおすこともできるはずです。あーもったいない。
c0010936_1375082.jpg
解散式


しれっと嫌味を書くあたりが僕らしいですが、なんとかなることでもあるので、いつでもご用命ください。と言うか、気になっていることで、自分たちでもできることだと感じました。できれば、IVUSAや地元有志の方たちと、これに行政が支援してくれれば鬼に金棒です。今年10周年を節目にして、身近な古道と遊歩道を整備し直しませんかね?

というわけで、駆け足で松本峠を半分堪能し、熊レス会員で、IVUSAのOBでもあるY君に、これらの宿題を与えて終りとなりました。IVUSAのみんなも、本当によくやってくれました。リーダーのIさんを筆頭に、素晴らしいチームでした。また、熊野に汗流しに遊びに来てほしいものです。次回は、梅の収穫かな…

若い力、学生の力って、たんに労働力ではありません。彼らが動くことで、地元も動くってっことが大事で、それを橋渡ししているのがわれわれになります。そして、資源を循環させることです。

お疲れさまでした。

by kurage874 | 2014-05-07 01:43 |  熊野レストレーション
<< 雨ニモマケズ 【飛鳥熊レス村】IVUSAと赤... >>