海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
第33回キタガワマーケットの開催お知らせ
今週末の日曜日が迫ってきました。

キタガワマーケットも、33回目を数える開催です。
c0010936_2165595.jpg
キタガワマーケット


長らくの専属スタッフ不足で、出店者のみの自主開催を2回もやっていただいています。今回は、私を含めてボランティアスタッフが数名いるので、後支えが出来そうです。しかし、私自身は午後から公務もあるので、相変わらずですがバタバタしそうです。

「月の週末を、たまには地元で過ごそう」をテーマに、いまはなき大同楽座での開催を43回してきました。それを受け継ぐ形で、キタガワノホトリでは33回目なのですが、どちらも、月に1度だったり、隔月だったり、あるいは土日開催していたりと、思考錯誤しながら継続だけはしてきました。

「継続は力なり」とは言いますが、確かに人は集まるし、目標としている150人から200人くらいの流れはできていたようにも感じます。出店者にとっては、あまり実入りがないかも知れませんが、継続的にやっていることで、宣伝広報にもなると言ってくれています。僅かかもしれませんが、商品と金銭のやりとりが行われているし、なによりも、お客さんや出店者同志の交流も盛んではあります。

もちろん、満足はしていませんが、年に1回のイベントで2,000人集めるのか、月150人で年間1,800人集めるのかの話になります。交流人口や派生的なことを考えると、どちらも魅力的ですが、後者に軍配があがるような感じがしてやっています。ただ、尾鷲市で言うと、尾鷲イタダキ市のような化け物的定期イベントですと、1回に2,000人からやって来ることもあるので、あのイベントが持っている可能性は非常に効果的で大きいと分析しています。そこに、高速道路の開通があるわけですから、独り勝ちするんじゃないかなと思ったほどです。

とは言え、僕自身の状況も変わり、キタガワノホトリやキタガワマーケットに魅力を見いだせるスタッフが少なくなったことも事実です。手のひらを返すという言葉があるように、人は引き潮のように去っていくこともあれば、また新たな人たちが、満を持してやって来ることもあります。これだから、人の心に奮う活動はやめられないのかもと思うほどです。大事なことは、変わることもあってもブレないことだと思いますが、かれこれ9年近くもやっていると、これまでのデータの蓄積から分析できることも増えたような気がします。また、相乗効果というのがあるように、小さなイベントは、大きなイベントへの流れをつくるものです。もちろん、その反対も然りです。

さてさて、そんなこんなのキタガワマーケットですが、出店者を求めています。また、ワークショップやミニイベントも同様に求めています。専属スタッフがいれば、もっとガツガツと戦略を練ることも指示しますが、いまはこの程度に留めておくとします。なにせ、出店者同志で進めていくイベントになりつつあるので、それを後方支援するくらいのスタンスでないと、余計に迷惑をかけそうです。しかし、今回はランチの出店も求めていますが、10人以上が食事を求めていることもあるからです。たとえば、弁当を20個出店してくれるのであれば、最低10個は購入するということと同じですが、せっかくのなでランチ営業もしてくだされば、そこでまた人は動くはずです。

ただし、僕自身の余力は、そうそう残っていないのも事実です。

by kurage874 | 2014-05-15 02:46 |  キタガワノホトリ
<< 第2回定期総会の開催と、会員募... 近隣小中学校にPRしてくる >>