海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
DRT2014東京狛江に参加したあとで
先週末、娘同伴で東京都狛江市に行ってきました。

伊勢中川駅から鉄道で移動して、町田市内で前泊し、狛江市内にホテルなどないので、町田市内に戻ってくるという行程でした。移動距離はあるものの、屋根から屋根に移動することができたので、あいにくの雨でもなんとかなりました。娘にとっては、2日間の座学は大変やったろうけど、お絵かきしたり、遊んでもらったりと、いい子にしていました。
c0010936_23341630.jpg


c0010936_23381715.jpg


この講座の狙いは、主宰者の引用になりますが、以下の通りです。

地震・水害・竜巻・雪害など日本を取り巻く自然災害は、環境破壊なども影響し年々深刻さを増し、その度に多くのボランティアが被災地に入り救援活動を行ってきました。

1995年の阪神淡路大震災に災害ボランティアが誕生し、それからほぼ毎年のように水害や地震が列島を襲い、とりわけ2011年3月に発生した東日本大震災では、M9という日本における観測史上最大の地震は大きく長い揺れと巨大津波によって東北沿岸地域を中心に壊滅的な被害をもたらしました。その救援活動にも多くのボランティアの活躍がありました。阪神淡路大震災から19年が経過し、日本に災害ボランティア文化が漸く根付いたと誰もが確信するところです。

しかし課題も多くあります。三年前の大震災では一部においては重機や動力機械の操作資格をもった専門性の高いボランティアによる救援活動が展開された地域もありますが、ボランティアによる活動の基本は未だに「人海戦術と人力作業」のみによって行われているのが現状です。活動の効率性・安全性を考えた場合、動力機械による作業の必要性も強く感じるところです。

自然災害が多発した2004年頃から、災害ボランティアセンターとしての機能充実のためのコーディネーターの養成は社会福祉協議会を中心に、多くの市民団体よっても数多く行われてきましたが、ボランティアが、実際に活動するいわゆる被災現場にて活動のアドバイスを行う「現場コーディネーター」の養成は全くといってよいほど行われていないのが現状です。

この講習会はそのような背景を受け、災害ボランティアのレベルアップを目的として、様々な観点から災害ボランティアとしての役割を考え、その精鋭化・機械化・高度化など、スキルアップを目的に実施し、加えて、次期大規模災害に対する備えとして自助・共助の時間帯による救援活動の一助となれば幸いです。
c0010936_23495593.jpg


c0010936_235186.jpg


熊野レストレーションも、この趣旨に賛同し、2011年の紀伊半島大水害で、同じ志の仲間が集って組織化した経緯があります。それまでは、僕がチェンソーや排水ポンプを車に積んで、被災地を回っていました。また、2004年の三重県豪雨災害での活動が、DRTの必要性を知るキッカケともなりました。これまでも、県内での大きな動きに尽力してきたつもりですが、通り一遍の災害ボランティアや災害ボラセンの有り様に、いつしか孤立的にこのスタイルを貫いてきています。

ただし、現地の災害ボランティアセンターと連携しながら、独自の活動をやっているのですが、はたしてどこまで現地が認識しているのかは不明です。その多くは、主には、社会福祉協議会主体のボラセンになるのですが、2011年のときでも、場所によっては必要なしと言われたり、その後の他地域での活動でも、現地にニーズがあるにも関わらず、上の方でいらないとの判断をされたなんてことも経験しています。現実的には、必要な活動であるにも関わらず、なぜか一部からは敬遠されがちな態度をとられることもしばしばです。
c0010936_005157.jpg


c0010936_013182.jpg


さて、この講座では、実にさまざまな経験からの切り口で、たくさんのことを事例紹介しながら講義を受けました。詰め込んだ感はありましたが、これだけの内容は、例えば、社協などがやっている災害ボランティアコーディネーター養成講座などでは、絶対的に学ぶことができない座学でした。もちろん、同類項にはなりませんが、現地で活動をしたことがない講師を呼んできて、通り一遍の講義を聞くだけでは、かなりの確立でコーディネーターにはなれません。一方で、今回の講座は、コーディネーターの養成などではありませんが、災害ボラセンのコーディネーターを養成したいのであれば、この講座の一部でも取り入れることをオススメます。以下は、スケジュールでいただいた講義内容です。

★技術系災害ボランティア育成について
・災害ボランティアの技術向上の意義
・近年の自然災害の特徴と災害ボランティアの役割
・災害ボランティアセンターと独立型災害系団体の連携
・応急危険度判定に準じた対応についての考え方
・技術系ボランティアが一般ボランティアへ及ぼす影響と効果

★後方支援と他所との連携
・必要な資機材の調達
・発災直後から救援活動期における情報共有
・団体間の連携と協力
・動力機材の活用とボランティア保険の適用範囲
・行政や企業、社協とNPOとの関わり
・活動資金の調達方法

★現場コーディネーターについて
・現場コーディネーターとは?その役割と責任
・支援活動のおける作業判断と合意形成
・災害現場で必要な免許や資格について
・被害状況から判断する必要とされるボランティア数
・被害状況から判断する資機材等の内容と数量
・活動における危険回避と安全衛生

★活動技術
・支援活動における技術とは
・資機材の種類と基礎知識
・機材、車両など用途別燃料とオイルについて
・災害救援活動で役に立つ車両
・重機等特殊車両の活用
・ハンドツールとパワーツール
・森林系ボランティアと災害救援活動

★災害ボランティアとして必要な知識
・木造建築に関する基礎知識(在来工法と2×4)
・災害種別に考える支援活動例
・災害医療とトリアージについて
・クラッシュシンドロームについて
・これだけは覚えたい災害に関する法律
c0010936_0122997.jpg


c0010936_0125750.jpg


僕が一番に感じたことは、この講座に参加することで、これ以降のなにに期待するかでしたが、1つは、このDRTjapanとの連携を模索していきたいと感じました。まだまだ足元にも及びませんが、同じ部分で災害支援できる仲間として、少なくとも西日本あたりで旗がふれるようにならねばとも感じました。また、資金源の調達先も大事だなと感じました。そのために、熊野レストレーションでは、収益をあげられる農作業をやっていますが、資機材を準備したり、災害時に遠征できる資金源を確保しているとまでは言えません。あとは、僕よりもさらに若い世代への移行です。気づけば、1995年の阪神淡路大震災から20年になろうとしています。災害ボランティアとして、僕はもう1線から退いていい老体です。なによりも、現場でフル活動できるかどうかもありますが、橋渡しや後方支援など、頭を使うことの方が近年での活動では多くなっています。大げさですが、この知的財産を熊レスの若い世代に繋いでいかねばなりません。

さらに、やはり連携できる先のひとつとして、熊レスも三重県内の社協とタッグを組むことだと感じました。今回で言えば、狛江市社協さんの尽力で、この講座は実現しています。3人の職員さんと言葉をかわしましたが、とても先見性があり、さらにいえば好奇心旺盛でした。こういったような一部の職員とも、熊レスは密かには連携していますが、もっと形ある連携を模索し合い、共有していくことで、有事の際には力を発揮するはずです。そのためには、日頃からの顔の見えるつき合いがなによりも大事です。一方で、僕が理事を務める中間支援組織のNPO法人では、多様な主体からの応援支援を取り付けられるはずなので、この存在は大きいはずです。もっとも、災害系NPOとの連携も不可欠ですが、前回の桑名訪問で、その糸口を見つけてくることもできました。少なくとも、今後の災害支援において、三重県ではこれまでが通用しないのは一目瞭然です。東日本大震災の支援とその後を見ても、それは明らかだと言いたいところですが、熊レスや僕は、どことでも連携を模索する用意を常に持っています。
c0010936_0293528.jpg


c0010936_030066.jpg


僕個人で言えば、チェンソーはそれなりに使えます。さらに多様性を持たせるために、高所伐採をはじめとした特殊伐採の技術も向上させます。しかし、それは有事の際の活動では、初動か必要とされるときしか実践しないと思います。いまの僕は、2011年での活動を経験したことからも、現場コーディネーターとして動くことを求められるでしょう。少なくとも、熊レスで災害ボランティアを募って活動するならです。また、熊レスが実働部隊としてDRT事業も持っていることからも、資機材の確保やスキルアップのための講座を実施することも続けていかねばなりません。さらに、防災・減災事業部として幅広く活動している東紀州コミュニティデザインとしては、これまでのスキルは知的財産であり、今後も有事の際には尽力しないとなりません。そして、広くその知的財産を還元していくこともしなければなりません。

最後に、いい出会いがありました。いい機会をいただきました。もっともっと、熊レスや僕は、日々向上しないとなりません。なぜ、熊レスをつくったのかを、あらためて再認識した東京狛江でもありました。揺らぐことなく、任務を遂行していかねばなりません。

by kurage874 | 2014-06-12 00:42 |  熊野レストレーション
<< ハニームーンって知っていました? 誰がやる?のではなく、自分でや... >>