海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
【飛鳥熊レス村】サツマイモ150本、シカの餌になる
飛鳥熊レス村の赤紫蘇、いよいよ月末に試験刈りします。

何かしら新しい発見と作業が絶えない畑ですが、サツマイモ150本全てが、シカに食べられてしまいました。
c0010936_1284430.jpg
ボロボロに


集落内を囲むように、獣害の柵と網をしているのに、どこからか侵入したようです。おそらくひと晩で、全てやられました。周囲には、複数の足跡が残り、マルチには、鼻痕まで残っていました。
c0010936_1324823.jpg
3畝全て…


c0010936_1333069.jpg
獣害柵の外側


とりあえず、サツマイモの畑に隣接する獣害柵の外側を草刈りしました。緩衝帯を設ける意味でやりましたが、効果の程はわかりません。しかし、隠れる場所がなければ、そうそう寄ってこないとも聞きました。一番は、ここにイガイガでも敷いておけば、それこそ嫌がって近寄ってこないようです。
c0010936_1362987.jpg
1日で枯れた


網には、針金が入っているので、破られることはいままでにもないのですが、これを飛び越えることはあるようです。しかし、常に飛び越えては入らないとも聞きましたので、獣害の対策は1日にしてならずといったところです。サツマイモは、リベンジで植え直す予定ですが、これだとサツマイモを買ったほうが安くついてしまいそう…
c0010936_1394349.jpg
昨日の様子


獣害に困っている話を見聞きしますが、こうして自ら体験すると、本当にやりきれなくなります。僕個人にも、狩猟免許を取得するように勧められています。狩猟者が高齢化していることが大きいとのことで、本格的に考えないとなりません。しかし、いろいろと考えるところもありますしね。

by kurage874 | 2014-06-17 01:44 |  熊野レストレーション
<< 【飛鳥熊レス村】赤紫蘇の出荷準... ツバメの巣立ち >>