海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
【飛鳥熊レス村】赤紫蘇の出荷準備が続く日々
赤紫蘇の試験刈りを、月末までに行います。

そのための草抜きや草刈りを、総出で毎日やっています。
c0010936_1472572.jpg
畝間も雑草だらけ


c0010936_1502975.jpg
株間の雑草抜き


今月に入り、連日誰かが畑に入っています。時間もまばらで、できるときに、できる人たちでやってもらっています。すべてボランティアですが、今季からは少しの費用弁償もしようと予算立てています。やはり、無償の精神でできるものではありません。それでも、ちゃんとした費用にしてしまうと、なにをやっているのかわからなくなってしまいます。
c0010936_1553928.jpg
畝間を刈払機で


c0010936_1563265.jpg
雑草の山も日に日に大きく


世の中には、お金をもらいながら農業ができる補助制度もあります。将来的に農家として定着させるには、そうした支援策も必要だと感じます。しかし、当たり前に身銭を切ってやっている農家さんが大多数のなかで、こうしたことが打開策なのかと感じてしまうこともあります。また、すべての農家を支援する手立てではありません。魅力を感じてやっているには違いないですが、飛鳥熊レス村での農業は、農業自体をしたいからではなく、中山間地域の支援策を考えるキッカケを体感実践している要素が大きいです。あとは、収益をいざというときの災害支援に回す意味もあるので、現状では収益をあげられる赤紫蘇栽培が生命線です。

飛鳥に住んでいると、農業も林業にも魅力を感じます。
中山間地域の支援には欠かせない生業でもあります。

主となる人がいて、それをサポートする人がいて、さらにそれを橋渡しする人がいて、それが地域内で自己完結しながら、よそからのサポートを招き入れることが、いまの熊野レストレーションの狙いであり、Iターンや集落支援を橋渡ししている東紀州コミュニティデザインの意図でもあります。

考えながら農業する日々でもあります。

by kurage874 | 2014-06-17 02:06 |  熊野レストレーション
<< 第34回キタガワマーケットを開... 【飛鳥熊レス村】サツマイモ15... >>