海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
【飛鳥熊レス村】赤紫蘇の刈り取りがはじまります
いよいよ、来週から赤紫蘇を刈り取ります。

そのための準備を、急ぎやっています。草刈りと草抜きです。
c0010936_234821.jpg
テンゴ娘もお手伝い


もともと草っぱらだったので、まだまだカヤの根も勢いがあります。マルチを突き破って生えているので、手で抜くしかありません。すべて終える頃には、最初に抜いたところから次のが生えてくる勢いです。
c0010936_23505377.jpg
畝間もこんな感じ


畝間は、親父と刈払機でやっつけます。ヒモを低速でやったほうがいいので、これもイタチごっこのように続けます。親父は、とても丁寧にさばきますが、僕はそこそこいい加減ですが早いです。
c0010936_23525140.jpg
畦は円盤で


とりあえずは、全ての畦を刈り払って、あとは第2圃場の株間と畝間です。空いた時間を見つけては、刈払機の日々となっています。

ところで、試験刈り取りは、24日(火)になります。時間は朝の7時です。早朝よりはじめるのは、スタッフが本業の仕事前に集まってくるからです。試験刈りした赤紫蘇も出荷先が決まっていますが、本出荷は7月1日(火)の7時になります。そのあとは、様子を見ながら毎週か隔週で刈り取りをする予定です。

今年より、お手伝いには1回1,000円の費用をお支払いします。なんとも少額ですが、昨年は無償でしたので、少しは進歩しています。どうしても、災害支援の積み立てをしておきたいので、今年はこれで様子を見ます。しかし、こんなことを真面目にやっているには、この周辺ではうちらくらいかも知れません。

課題はいっぱいありますが、紐解くようにやらねばいけません。そのために、熊野レストレーションを法人化し、日常的にボランティアしながら災害支援できる体制づくりを目指しています。

by kurage874 | 2014-06-21 00:00 |  熊野レストレーション
<< ローズマリー好き やきやまふぁーむの直売所 >>