海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
【中山間支援事業】紀和町小船の梅収穫体験
先週末の土曜日、天候を気にしながら収穫しました。

今回も、学生ボランティアのIVUSAから10名、熊レスから7名が参加しました。3年目となる梅収穫は、小船区長さんの厚意で体験させてもらっています。
c0010936_1284266.jpg
鈴なり


c0010936_12112490.jpg
ご対面とご挨拶


小船の梅収穫体験は、2011年の台風12号での被災と復旧が発端です。そのきっかけを作ったIVUSAと、のちに橋渡しをした熊レスが、小船での梅まつりと梅収穫をお手伝いさせていただいています。その後の集落支援を模索していた熊レスと、活動地での継続支援を考えていた学生ボランティアとが、うまい具合に繋がった事例ではないでしょうか?
c0010936_12221422.jpg
立派な梅たち


c0010936_1223195.jpg
選果します


時期としては最終なので、全部取りをしました。この梅は、一般財団法人熊野市ふるさと振興公社に買い取りしてもらっているそうで、栽培者の収入源となっています。キロ単価を考えると、これだけでは生活できないと想像できますが、小船の梅は特産品でもあるので、小船区長さんも大事に育てています。そのなかで、われわれがお手伝いできることもあろうかと模索しています。
c0010936_12271696.jpg
選果中


c0010936_12275626.jpg
最後は全員で選果


梅の選果は、傷や極端に大きいのを除外していきます。サイズ分けすることはありませんでしたが、除外されたものは、家庭用として梅酒や梅ジュースになります。今回もわけていただき、学生も熊レスからの参加者も、3キロづついただいてきました。昨年は、梅干しや梅ジュースにしましたが、今年は梅酒にしてみようかと考えています。僕は飲めませんけどね。
c0010936_12305570.jpg


雨に降られずに、およそ500キロを収穫し、約440キロほどが出荷できました。小船の梅は、水害も乗り越えたかなりの老木なので、新しく更新していかねばならないそうです。集落人口が15人で、ここも超限界集落となっていますが、それでも人が住んで暮らしています。いま、梅の苗木を植えても、いまの老木となる60年が経過するころには、僕自身もこの世にはいません(正確には102歳です)。
c0010936_13122589.jpg
梅酒づくりを学ぶ


簡単には言えませんが、その60年後も、小船の梅が特産であって欲しいと感じています。そのためになにができるのかを、なにをやっていくべきかを、僕としては、市民活動と政治活動の視点でやっています。

by kurage874 | 2014-06-25 12:42 |  熊野レストレーション
<< 【中山間支援事業】災害から限界... ローズマリー好き >>