海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
大丈夫!
c0010936_0555529.jpg


昨日の土曜日は、朝から保育所の作業で草刈りし、その間の娘は、園内で遊んでいた。お友だちもいて、保育園児らしいなと、なんだか安心もした。

作業が昼前に終わり、サークルKで好きなお昼をこうて、サササって食べて大泊海水浴場へ。炎天下のもとではあったけど、十分に気を配りながら、水分もこまめにとらせて遊ばせた。「とーちゃん、たのしきってく!」って、どこにそんな元気あるんだろう思うほどにはしゃいでた。でも、波打ち際に連れて行くと、「とーちゃん、ながされるでいかんといて!」って、本気で心配してた。かわいい!!

夕方には終わり、待ってましたとカキ氷を食べて、飛鳥熊レス村では泥んこ遊びに夢中になっていた。しかし…この絵は、買ったばかりのお気に入りのラメ入りクロックスを泥んこのなかで見失った図。

遠目になにやってんだろうって思いつつ、近づいていくと、オトンを見るなり涙が溢れ出た。

「とーちゃん、なくなってった。わーん」
「泣くない。大丈夫、絶対に見つけたる」
「うん…」

何が何でも見つけてやろうと決めて、Kさんが探し込んでくれていたあたりに手を突っ込んで歩いた。見つかる気がしてしゃーなかったので、ほどなくいい感触を掴んだ。

「ほれ、あったよ」
「すごーい」

そのときの笑顔いただき!そして、オトンはまた信用と信頼を得た気がした。親ばかっぷりだけどね。

「なんでわかったん?」
「魔法やよ」
「すごーい」

泥んこのなかでは、気をつけないとクロックスが無くなることを覚えたらしい。そして、次は脱いでしまおうか、それやと足が危ないので、汚してもいい靴にしようかと、そのあとの車のなかで問答していた娘4歳。ひとり親家庭で、雑に育てられていると思うけど、間違ってはいないなと自信はある。人様に迷惑をかける時期だろうけど、いっぱい吸収して、いっぱい失敗して、オトンの背中を見ながら、オトンみたいになるないとは思う。

飛鳥熊レス村での作業が終わると、かんぽの湯で汗を流し、リクエストに応えてクルクルお寿司にした。けっこう食べて、帰ってくる頃にはスヤスヤと。でも、家につくと、トイレと歯磨きとしたいと言って起きてきて、そのあとはいつもの子守唄5種の3種目で再び寝た。振り回されたかも知れへんけど、まあ充実はしてた。

明日も、朝からバタバタと…でも、夕方からは徐々にペースダウンさせていく。早めに家に戻ろうと決めている。ちびまる子ちゃんも見やなアカンしね。正しい日曜日の夜を過ごすのだ。

大丈夫!オトンがついとるよ。

by kurage874 | 2014-07-13 01:10 |  さらさに贈る言葉
<< 【中山間支援事業】大泊海水浴場... 【飛鳥熊レス村】苦労を嫌っちゅ... >>